柔道

スポンサーリンク
「体罰」・対生徒暴力

「体罰」で懲戒免職の元教諭、「指導」と主張して処分取り消し求めて訴え:宮崎

 宮崎県立宮崎商業高校で柔道部顧問だった菊川慶一元教諭が、「体罰」などで懲戒免職処分を受けたのは不当だとして、宮崎県に対して免職処分取り消しを求める訴訟の第1回口頭弁論が、10月24日に宮崎地裁で開かれた。  元教諭は2003年度に宮...
「体罰」・対生徒暴力

滋賀柔道事故、「起訴相当」議決された元顧問を再び不起訴へ

 滋賀県愛荘町立秦荘中学校1年の柔道部員だった男子生徒が2009年7月、部活動の練習中に顧問の講師(当時)から投げられるなどして意識不明になりその後死亡した事故で、大津地検は7月4日、大津検察審査会が「業務上過失致死罪での起訴が相当」と議決...
「体罰」・対生徒暴力

滋賀柔道事故、顧問の個人責任認定求めて署名活動

 中日新聞(滋賀版・web)2014年7月1日付に、『遺族が署名活動 愛荘・柔道死亡事故』の記事が掲載されている。  滋賀県愛荘町立秦荘中学校で2009年、柔道部員だった当時1年の男子生徒が練習中、当時の顧問講師から過酷な練習メニューを...
「体罰」・対生徒暴力

柔道部「体罰」・不適切指導訴訟が和解:東京の私立中学校

 東京都武蔵野市の私立藤村女子中学校の柔道部員だった当時、「体罰」や不適切指導でケガをしたなどとして元生徒が学校側を訴えていた訴訟が、東京地裁立川支部で和解していたことがわかった。  和解は2014年5月8日付。学校側は不適切指導を認め...
社会教育

松本市柔道教室事故:指導者に有罪判決

長野県松本市の柔道教室で2008年、当時小学校6年だった男子児童(現在17歳)が練習中に指導者から投げ技をかけられた際に大ケガを負い、意識障害などの後遺症を発症した事故で、長野地裁は4月30日、当時の指導者の男性(41)に対し、禁錮1年・執...
「体罰」・対生徒暴力

秦荘中学校柔道部員死亡事故、顧問教師を起訴相当議決

 滋賀県愛荘町立秦荘中学校の柔道部で2009年7月、当時1年だった男子生徒が練習中に意識不明になり、約3週間後に急性硬膜下血腫で死亡した事故で、暴力や不適切指導が指摘されて傷害致死容疑で書類送検されたものの不起訴処分となっていた当時の顧問講...
スポンサーリンク