柔道

いじめ問題

福島県私立高校柔道部いじめ訴訟、加害者に賠償命じる判決:福島地裁

 「福島県内の私立高校に柔道部特待生として通っていた2014年~15年当時、同学年の部員からいじめを受けて抑うつ症状を発症した」として、福島県内の男性(20歳)が加害者の元生徒3人を相手取り訴えていた訴訟で、福島地裁は2月19日、加害者側に...
「体罰」・対生徒暴力

柔道部指導中に「行き過ぎた指導」で教諭処分:秋田県立高校

 秋田県教育委員会は2月18日、柔道部の指導中に「危険な行き過ぎた指導」を繰り返したとして、県央部の県立高校に勤務する男性教諭(30代)を減給1ヶ月の懲戒処分にした。  秋田県教委の発表によると、この教諭は柔道部で「乱取り」稽古中、生...
学校教育

中学校部活動柔道事故、安全対策整備を問い全柔連を提訴

 福岡市博多区の中学校で柔道部の部活動中に1年生の女子生徒が大外刈りをかけられた際に頭を強打して死亡する事故があり、遺族が全日本柔道連盟を相手取り提訴していると報じられている。  福岡地裁で2019年1月23日に第1回口頭弁論があり、...
「体罰」・対生徒暴力

大産大柔道部暴行傷害事件、元コーチを書類送検

 大阪府警四條畷署は1月10日、柔道部の指導中に部員を棒で叩くなどして重傷を負わせたとして、大阪産業大学柔道部の元外部コーチ(24)を傷害容疑で書類送検した。  2018年6月25日の練習中、長さ約1.3メートルの木製の棒で部員を殴り...
「体罰」・対生徒暴力

柔道教室「絞め技」訴訟の「その後」:BLOGOSが記事に

 福岡市の柔道教室で指導者から「締め落とし」技をかけられたとして、事故当時中学校2年だった男子生徒と保護者が指導者らを訴えた訴訟があった。  この訴訟では2018年6月、原告側の被害訴えの認定範囲は必ずしも十分とはいえないものの、指導...
学校教育

高校柔道部で脳脊髄液減少症発症事故、指導の顧問教員を不起訴:名古屋

 名古屋市千種区の私立愛知高校で2017年5月、柔道部員の男子生徒が練習中にケガをした事故が発生した。この事故に関連して、安全配慮義務を怠ったとして業務上過失致傷容疑で書類送検された、顧問だった男性教諭(65)について、名古屋地検は11月2...
教育行政

姫路市立中学校いじめ隠蔽:兵庫県が「元教諭への処分取り消し」不服として上告

 兵庫県姫路市立中学校の柔道部顧問だった当時、「部内でのいじめを隠蔽した」として兵庫県教委から停職6ヶ月の懲戒処分を受けた元教諭(60)=依願退職=が処分の取り消しなどを求めて訴えていた訴訟で、兵庫県は11月26日、元教諭側の訴えを一部認め...
「体罰」・対生徒暴力

外部コーチが部員を棒で殴り後遺症負わせる:大阪産業大学柔道部

 大阪産業大学(大阪府大東市)の柔道部で、1年男子部員が外部コーチ(24)から「指導」と称して木製の棒で殴られるなどの暴行を受け、後遺症が残るケガを負っていたことがわかった。 事件の概要  報道によると、事件は2018年6月15...
「体罰」・対生徒暴力

柔道「締め落とし」指導を違法とする判決確定:指導者側の上告棄却

 福岡市の柔道教室で、指導者から絞め技で失神させる「絞め落とし」を受けたとして、柔道教室に通っていた生徒(17)が指導者を相手取り損害賠償を求めた訴訟。  この訴訟で、最高裁が2018年6月19日付で、指導者側の上告を受理しない決定を...
「体罰」・対生徒暴力

教諭の暴力・「体罰」で複数の生徒不登校に:神戸市立中学校

 神戸市西区の市立中学校の30代男性教諭が、担任クラスや顧問を務める柔道部で日常的に「体罰」・暴力行為や暴言・威圧的行為を繰り返し、複数の生徒を不登校に追い込んでいたことが、7月3日までにわかった。 事件の経過  報道によると、...