維新

スポンサーリンク
教科書

大阪市教委、教科書採択地区細分化案を決定 「都構想」区割りに合わせる

 大阪市教育委員会は12月25日の教育委員会会議で、市立小中学校の教科書採択地区について、「大阪都構想」なる大阪市の廃止・解体案と同じ区割りの4採択地区に分割する案を決定した。 2019年度以降の採択地区案 第1地区:此花区、港...
教育行政

大阪市、市全体で70人の教員が不足

 大阪市立小中学校で教職員の数が不足し、2018年度には本来配置されるべき教員が市全体で70人足りない状態で教育活動が進められていることが明らかになった。  12月6日の大阪市会教育こども委員会での質疑で明らかにされた。 教職員...
教育行政

公募校長制度の応募者低迷、外部出身者の新規任用途絶える:大阪市

 大阪市立小中高校での「公募校長」についての記事が、毎日新聞(ウェブ版)2018年12月3日『大阪市 「公募校長」の応募低迷 外部人材の登用形骸化』に掲載されている。  維新市政の政策の一つとして、橋下徹市長時代の2012年度に導入さ...
学校教育

大阪府の「従軍慰安婦」授業問題、府議会で再び取り上げられる

 大阪府吹田市立中学校の社会科教員が「従軍慰安婦」を題材にした授業をおこなったことについて、政治介入が続いている問題。  この問題については2018年10月12日の大阪府議会教育常任委員会で、維新・自民の議員が疑問視する見解を出し、大...
学校教育

中学校社会科授業への政治介入相次ぐ:大阪府

 大阪府吹田市立中学校の社会科教員が、授業で「従軍慰安婦」問題を扱っているという新聞記事が出た。  その記事に対して、当該教員や授業実践に対して政治的な難癖が付けられている。 大阪市長のツイッター発言  吉村洋文大阪市長は...
学校教育

大阪の教育の現状を報告:大阪市内でシンポジウム開かれる

 「子どもと教育・文化を守る大阪府民会議」は10月8日、大阪市内でシンポジウムを開催した。現職の教職員や保護者から、大阪府内の教育現場の現状に関する報告があったとのこと。 シンポジウムでの「大阪の教育」の現状報告  『しんぶん赤...
学校教育

学校選択制保護者アンケートの結果まとまる:大阪市

 大阪市は10月2日、学校選択制にかかる保護者アンケートの結果を公表した。  大阪市では市立小中学校について、行政区を単位とした学校選択制を実施している(一部地域を除く)。2018年度大阪市立小学校1年の児童・大阪市立中学校1...
教育行政

沖縄県知事選挙:教育政策、子どもの貧困対策は?

 2018年9月30日に投開票が予定されている沖縄県知事選挙。  米軍基地の問題をはじめとして、県民の生活全般について、どのような方向性を示し、従来の県政を引き継ぐのか転換するのかが争点となっている。 「塾代助成」導入を訴える候...
学校教育

大阪府「中学生チャレンジテスト」台風で再延期:6月にも地震で延期

 大阪府下の公立中学校3年を対象に実施する「チャレンジテスト」。9月4日に大阪府に台風接近が見込まれることになったことに伴い、9月6日に延期することがわかった。 チャレンジテストとは  大阪府では維新府政のもと、高校入試について...
教育行政

大阪市立高校、府への移管構想を表明:大阪市長

 吉村洋文大阪市長は8月30日の記者会見で、大阪市立高校全20校を府に移管したいとする意向を表明した。  大阪府・大阪市では維新政治のもと、橋下徹大阪市長時代の2013年にも、維新が「大阪都構想」と呼ぶところの大阪市の廃止・解...
スポンサーリンク