英語教育

大学・高等教育

大学入試共通テスト「民間試験」導入延期へ

 大学入学共通テストでの英語民間試験活用について、文部科学省は当初予定の2020年度導入を延期することを正式に発表した。しかしその一方で、2024年度導入を目指すともしている。  現行の大学入試センター試験に代えて2020年度より実施...
大学・高等教育

「英語民間試験活用」2020年度の導入見送り・延期へ

 受験生や高校関係者・大学関係者から強い批判が出ていた「大学入試での英語民間試験活用」について、文部科学省が2020年度の導入を見送る方針を固めたことがわかった。  2019年11月1日付の朝刊各紙で報じられている。  大学入試...
大学・高等教育

萩生田文科相「身の丈」発言に波紋広がる:大学入試の英語民間試験

 萩生田光一文部科学相は2019年10月24日のテレビ番組で、大学入学共通テストに導入される予定の英語民間試験について「身の丈に合わせて」などと発言し、波紋を呼んでいる。  大学入学共通テストでは、英検やTOEICなどの英語民間検定試...
大学・高等教育

野党4党:英語民間試験導入延期法案を衆議院に提出

 2020年度から導入予定の大学入学共通テストの英語民間試験の活用をめぐり、衆議院院内会派「立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム」(立憲民主党・国民民主党・社会民主党・野党系無所属議員の合同会派)と共産党は合同で、導入を延期するための「大...
教育学・教育調査

大学入学共通テスト「英語」民間試験活用:大学・高校双方から不安の声多数

 2021年度から実施される大学入学共通テストの英語科目では、民間の資格試験を活用する方針が打ち出されている。その方針に対して不安が高まっている。  全国高等学校校長会が高校の校長を対象に実施した調査によると、8割の校長が「不安を感じ...
学校教育

大学入学共通テスト「英語民間試験」活用に見直し要望

 全国高等学校長協会(全高長)は2019年9月10日、大学入学共通テストで活用される英語民間試験について、延期を含めた制度見直しを求める要望書を文部科学省に提出した。  現行の大学入試センター試験に代えて2021年1月にも第1回が予定...
教育行政

高校生が昼休みに政治の話をするのが選挙運動?:柴山昌彦文科相のツイッター書き込み

 柴山昌彦文部科学相が2019年9月、高校生を名乗るツイッターアカウントが「昼食の時間に政治の話をしていた」とツイッターに書き込んだことに対し、引用リツイートで「選挙運動。公選法違反」と恫喝しているとも受け取れるツイートをおこない、話題にな...
教育行政

安倍政権「教育改革」で現場に戸惑いも:京都新聞記事

 京都新聞2019年7月14日付に『小学校でプログラミングや英語…政治主導の急激な教育改革、戸惑う現場「コンピューターや英語にアレルギーの教員も」』が掲載されている。  2012年に民主党政権から政権交代して始まった安倍内閣では、教育...
学校教育

「全国学力テスト」2019年度も実施、中学校では「英語」追加

 小学校6年と中学校3年の全児童生徒を対象とした2019年度「全国学力テスト」が、4月18日に一斉に実施された。  小学校では約1万9000校・107万6000人、中学校では約1万校・104万5000人が試験対象となった。  中...
教科書

小学校教科書検定結果を発表:文部科学省

 文部科学省は3月26日、2020年度から使用される小学校教科書の検定結果を発表した。11教科164点の申請があり、すべて合格した。  新学習指導要領のもとで新しく5・6年生で教科となる英語については、7社が申請をおこなった。また2度...