図書館

社会教育

「子ども本の森 中之島」新型コロナウイルスの影響で開館延期に:大阪市

建築家の安藤忠雄氏が設計した大阪市の児童図書館「子ども本の森 中之島」。2020年3月1日に新規開館予定だったが、新型コロナウイルス問題の影響を受けて開館が延期になっている。 現時点では開館時期のめどが立っていないとされる。 開...
教育行政

2020年に向けて:「維新」の教育破壊問題

大阪府・大阪市では、大阪維新による「教育改革」と称した教育破壊の問題も深刻である。 「維新政治」は大阪の学校教育に深刻な影響を与えている。同時に、国レベルでも一部論者が導入を図ろうとしているようなおかしな「教育改革」を、大阪の地で極端...
教育行政

学校図書館充実求める国会決議案:維新の反対で提出断念と指摘

 国会では2020年学校図書館年に関する国会決議案を提出する動きがあったものの、日本維新の会の反対によって、決議案の提出を断念せざるをえなくなったと指摘されている。  2020年を「学校図書館年」に制定したいとして、学校図書館司書の配...
学校教育

学校図書館も「ツタヤ図書館」に?:和歌山市

 ネットニュースサイト『Business Journal』に2019年8月12日、『和歌山市、小中学校でも“ツタヤ図書館化”を計画…市民がCCCへの委託反対署名活動』が掲載された。  和歌山市では、南海電鉄和歌山市駅の駅ビル再...
社会教育

図書館の書籍、大量の不法投棄:京都・宇治市の山中で発見

 京都府宇治市の山中で、宇治市や近隣地域の図書館の書籍が大量に不法投棄されていたことがわかった。 山を不法投棄チェックしてたら大量の本が投棄されてたので見てみたら全て宇治市、京田辺市、城陽市の図書館の本でした。捨てるなら図書館の前で捨...
学校教育

大阪市:学校図書館専門職員配置を減らす予算案、市会で懸念する質疑

 大阪市で2019年度以降、市立小中学校の学校図書館について、ただでさえ不十分な予算がさらに減らされ、専門職員の配置が減らされる可能性が出ている。  3月6日の大阪市会委員会では、学校図書館専門職員配置に関する予算が減らされる案につい...
社会教育

区立図書館に指定管理者制度導入、司書らが反発 ストは回避:東京・練馬区

 東京都練馬区立図書館に指定管理者制度を導入するという区の方針に対し、非常勤司書らの労働組合が強く反対し、ストライキを辞さない構えをみせていた。  この問題では、区側が12月18日夜までに「別の区立図書館で雇用を継続する」などと回答を...
大学・高等教育

大学図書館建て替え、郷土資料などを大量廃棄:高知県立大学

 高知県立大学永国寺キャンパス(高知市)の大学図書館を建て替える際、「新館には蔵書が入りきらない」として約3万8000冊の本を焼却・廃棄処分にしていたことがわかった。  廃棄された資料の中には、郷土史資料など重要なものも含まれていたと...
社会教育

和歌山市「ツタヤ図書館」計画問題、承認手続きに瑕疵?と指摘

 和歌山市で「ツタヤ図書館」が計画されている問題。  ツタヤの運営会社「CCC」を指定管理者として選定した過程について、和歌山市在住の弁護士が法的な疑問点を指摘するブログを書いた。それに対して「ツタヤ図書館」賛成派の市議が、ブログの内...
社会教育

「ツタヤ図書館」:吹き抜け部分に1000万円の装飾は適切なのか?

 各地で問題点が指摘されている「ツタヤ図書館」。  朝日新聞が2018年2月10日付で『ツタヤ図書館、1千万円の装飾は仕掛け?無駄遣い?』という記事を出している。  TSUTAYAを運営する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)...