鹿児島県

スポンサーリンク
いじめ問題

鹿児島県出水市いじめ自殺:学校災害として死亡見舞金支給へ

鹿児島県出水市立中学校に通っていた当時2年の女子生徒が2011年9月に自殺し、背景に学校でのいじめがあったと指摘された事案があった。 この案件に関して、学校事故・学校災害に遭った児童生徒への災害共済給付金の手続き事務をおこなっ...
いじめ問題

鹿児島県立高校いじめ自殺訴訟、県が請求棄却求める

鹿児島県立武岡台高校(鹿児島市)1年だった男子生徒が2014年に自殺し、学校でのいじめが自殺の要因となったと指摘された問題。この問題で遺族が「学校側の対応に問題があった」として、鹿児島県を相手取り約4500万円の損害賠償を求めて提訴し、鹿児...
「体罰」・対生徒暴力

週刊誌で特集:2018年の鹿児島市立中学校「指導死」事件

『文春オンライン』が2021年12月30日、『「担任が嫌なので、クラス替えをしてほしい」と何度も…中3生徒を自殺へと追いやった“不適切指導”の実態』とする記事を出している。 2018年9月、鹿児島市立中学校3年だった男子生徒が自殺した...
いじめ問題

鹿児島県立高校いじめ自殺、「学校の安全配慮義務違反」として遺族が提訴

鹿児島市内の鹿児島県立高校1年だった男子生徒が2014年8月に自殺し、背景にいじめが指摘された問題があった。この問題に関連して、学校側に安全配慮義務違反があったなどとして、生徒の遺族が約4500万円の損害賠償を求めて鹿児島地裁に提訴していた...
いじめ問題

いじめを認定も「被害生徒が抵抗したことは相手へのいじめ」扱い:鹿児島県いちき串木野市

鹿児島県いちき串木野市立中学校に在学していた男子生徒が2018年~2020年にいじめを受けたと訴えた問題を調査していた同市教育委員会の第三者調査委員会は2021年10月13日、生徒が訴えた被害のうち11件をいじめと認定した。 その一方...
学校教育

鹿児島市立中学校生徒自殺「直前の担任の指導が引き金」:第三者委員会報告書

鹿児島市立中学校3年だった男子生徒が2018年9月に自殺した事件を調査していた市教委の第三者委員会は2021年6月30日、直前の担任教諭の指導が自殺に影響したと指摘する調査報告書を出した。 この事件では、生徒の自殺の直...
いじめ問題

鹿児島県出水市立中学校いじめ自殺訴訟:和解へ

鹿児島県出水市立中学校2年だった女子生徒が2011年9月にいじめを苦にして自殺した事件で、遺族側が出水市を相手取り約1200万円の損害賠償を求めた民事訴訟の和解が成立する見通しになったと報じられている。 2020年12月に鹿児島地裁が...
教育行政

「進学先大学の受験難易度に応じて金額に差を付ける奨励金」廃止へ:鹿児島県伊佐市

鹿児島県伊佐市が、市内にある鹿児島県立大口高校の生徒に対して、進学先大学の受験難易度に応じて金額に差を付けた奨励金を支給している制度について、2021年度を最後に廃止する方針を決めたことがわかった。 橋本欣也市長が2021年2月19日...
いじめ問題

鹿児島県立高校生徒自殺:当時の教職員が遺族に直接説明へ

鹿児島県立武岡台高校(鹿児島市)1年だった男子生徒が2014年に自殺した問題で、当時の教職員が遺族に対して、当該生徒の学校生活の様子などを直接説明する方向で調整していることがわかった。 生徒の母親が2021年1月12日に塩田康一鹿児島...
いじめ問題

鹿児島県出水市いじめ自殺:市教委は「直ちに再調査しない」

鹿児島県出水市立中学校2年だった女子生徒が2011年に自殺し、背景にいじめが指摘されていた問題で、出水市教委は3月30日、「いじめ調査は不十分。再調査をすべき」とした鹿児島県弁護士会からの勧告に対して、直ちに再調査しない考えを示した。 ...
タイトルとURLをコピーしました