鹿児島県

スポンサーリンク
学校教育

鹿児島市立中学校生徒自殺事件:生徒の保護者が認識示す

 鹿児島市立中学校3年の男子生徒が9月3日、担任教諭からの個別指導を受けた直後に自殺した問題で、生徒の保護者がマスコミ取材に応じ、学校側の発表に反論した。 事件の経過  事故当日の9月3日は始業式だった。夏休みの宿題の一部が提出...
学校教育

生徒自殺、直前に担任教諭からの個別指導:鹿児島市立中学校

 鹿児島市立中学校3年の男子生徒が9月3日に自殺していたことがわかった。自殺直前には担任教諭からの個別指導があったという。 経過  報道によると、当日は2学期の始業式で、生徒は通常通り登校していた。  生徒は「宿題が未提出...
「体罰」・対生徒暴力

「山海留学」で里親から「体罰」・虐待 被害者が提訴:鹿児島・屋久島町

 鹿児島県屋久島町立小中学校が実施している「山海留学」で、関西からの児童が里親から暴力・「体罰」を受けてPTSDになったなどとして、屋久島町と里親を相手取り、約240万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴していたことがわかった。 事件概...
「体罰」・対生徒暴力

部活動での暴力、保護者らの「復帰」要望背景に暴力教師が指導に復帰

 朝日新聞2018年5月10日付が『体罰顧問、部活に復帰 「成績」求める保護者会が要望』を配信している。  記事によると、鹿児島県立川内商工高校(薩摩川内市)で、バレーボール部の元部員が顧問教諭から「体罰」・暴行を受けたと訴え、民事訴訟に...
いじめ問題

鹿児島県立高校いじめ自殺、知事が再調査要請

 鹿児島県立高校1年の男子生徒が2014年8月に自殺し、背景にいじめが指摘されている問題。遺族が「第三者委員会の調査は不十分」と訴えていたことに関連して、三反園訓鹿児島県知事は12月21日、県教委に再調査を要請した。  生徒は2014年8...
教育行政

特定大学に進学した場合には奨励金支給へ:鹿児島・伊佐市

 鹿児島県伊佐市は、市内の鹿児島県立大口高校の定員割れ対策として、卒業生が「難関大学」とされる大学に進学した際には奨励金100万円を支給すると発表した。  旧帝大や私立のいわゆる「難関大学」とされる一部大学に進学した生徒には100万円を...
「体罰」・対生徒暴力

教師から下着での身体検査強要されたとして提訴:鹿児島

 「鹿児島県立高校3年だった2010年12月、教師から窃盗犯扱いされて下着一枚で身体検査された」として、被害にあった男性(現在22歳)が鹿児島県を相手取り、330万円の損害賠償を求めて鹿児島地裁に提訴していたことが、10月27日までにわかっ...
教育行政

「学力低迷」で土曜授業へ:鹿児島県

 鹿児島県教育委員会は10月9日、「学力低迷」を理由に、県内の各市町村に対して、すべての公立小中学校で土曜授業を月1回おこなうよう求める方針を決めた。  2015年度より実施する予定だとしている。実際に実施するかどうかは、各市町村が判断...
いじめ問題

出水市いじめ自殺訴訟、市はアンケート開示拒否:鹿児島

 鹿児島県出水市立中学校2年だった女子生徒が2011年9月に自殺し、背景にいじめが指摘されている問題で、遺族側が出水市に対し、事件発生直後に学校が全校生徒を対象に実施したいじめアンケートの開示を求める訴訟の第2回口頭弁論が、7月29日に鹿児...
いじめ問題

出水市いじめ自殺、アンケート開示求め提訴

 鹿児島県出水市立中学校2年だった女子生徒が2011年9月の自殺し、背景にいじめが指摘された問題で、生徒の遺族らが4月4日、生徒の自殺後に学校側が同級生に対して実施したアンケートの内容の開示を求める民事訴訟を鹿児島地裁に起こした。  ...
スポンサーリンク