部活動

スポンサーリンク
学校教育

部活顧問の負担を告発する記事

毎日新聞2022年4月12日付に『<部活クライシス>「部活は生徒のため」 休日ささげた顧問教員、家族の犠牲に限界』が掲載されている。 中学校教員だった男性が、自身は未経験にもかかわらず吹奏楽部の顧問を任されてほぼ1年中部活動の指導に携...
学校教育

高校演劇部の「放送拒否」「脚本非公開」、制作者側が署名提出

2021年の福井県高校演劇祭で福井県内の高校の演劇部の劇が上演されたものの、地元ケーブルテレビで福井県立福井農林高校演劇部の創作劇のみ放送中止の措置がとられた事件があった。 この事件について、当該校の脚本を書いた元教員の外部指導員らが...
学校教育

新型コロナ対策で部活動原則休止:愛知県

新型コロナウイルスの問題が2021年末~2022年の年明けより再び深刻化し、感染爆発に近い状態が生じている。 このことは学校での教育活動にも影響を及ぼしている。各地で感染者が発生したことでの臨時休業や、児童・生徒や教職員が濃厚接触者に...
「体罰」・対生徒暴力

「部活動顧問から暴行受けた」として被害生徒が刑事告訴:京都

京都市内の私立高校3年の男子生徒が、所属している空手部の顧問教諭から暴行を受けたとして、当該教諭を2021年12月に京都府警中京署に刑事告訴したことがわかった。生徒と保護者が2022年2月3日に記者会見して明らかにした。 事件の経過 京...
学校教育

高校演劇部上演作品「差別表現」などとして出演シーンカットなどの措置、創作者側は反発

福井県立高校の演劇部が2021年9月に福井県高校演劇祭で上演した創作劇に「差別表現」があるとして、県内の高校演劇部顧問が作る協議会が、「舞台を中継するケーブルテレビ局の番組では当該校の出演シーンをカットすることを求める」「例年おこなっている...
いじめ問題

2018年の三重県立高校生徒自殺「いじめが原因」として遺族が提訴

三重県立高校1年の男子生徒が2018年8月に自殺した事件で、被害生徒の遺族が「自殺は部活動でのいじめが原因」「学校側の対応が不十分だった」として、三重県と加害元生徒4人を相手取り約7300万円の損害賠償を求めて津地裁に提訴していたことが、2...
学校教育

高校スポーツ全国大会、コロナウイルス感染の広がり

高校スポーツ大会での生徒・関係者への新型コロナウイルス感染事例が相次いでいる。 北海道内の高校10校と北海道外の14都道府県16校・チームが参加して、北海道苫小牧市で2021年8月4~8日まで開催されていた「第16回全国高校選抜アイス...
学校教育

チアリーディング練習中の事故で下半身不随、学校側を提訴:愛知県の高校

岡崎城西高校(愛知県岡崎市)チアリーディング部員だった当時1年の女子生徒が練習中に下半身不随になる事故に遭い、「学校側の安全管理に問題があった」として介護費など約1億8000万円の損害賠償を求めて提訴していたことが、2021年4月18日まで...
いじめ問題

橿原市立中学校いじめ自殺訴訟、請求棄却:奈良地裁

奈良県橿原市立中学校1年だった女子生徒が2013年3月にいじめを苦にして自殺した事件で、遺族が加害者側の生徒4人とその保護者(うち2人の生徒とその保護者とは和解成立)および橿原市を相手取って訴えた訴訟で、奈良地裁は2021年3月23日、原告...
いじめ問題

北海道登別市中1自殺「部活動でのいじめ」と第三者委員会調査報告

北海道登別市立鷲別中学校1年の男子生徒が2020年6月に自殺し、背後にいじめがあったと指摘された問題を調査していた登別市教育委員会の第三者委員会は2021年3月22日、所属していたサッカー部の部活動内で体形や運動能力をからかういじめがあり、...
タイトルとURLをコピーしました