調査

スポンサーリンク
教育学・教育調査

道徳教育「評価の妥当性・信頼性に課題感じる」文科省調査

文部科学省は2022年4月28日、「特別の教科 道徳」に関して、学校現場での取り組み状況についての調査結果を公表した。 全国の公立小中学校約2300校を抽出して実施した。 学校現場からは、「児童生徒同士による話し合いや議論が活発...
いじめ問題

学校端末でのいじめ、少なくとも東京都内6自治体で確認:東京新聞調査

小中学校の児童生徒に1人1台の学習用のパソコンやタブレットなどの端末を配布する「GIGAスクール構想」に関連して、東京新聞が東京都内の23特別区と多摩地域5市の教育委員会を対象におこなった調査によると、都内の少なくとも6区市で、学校側が配布...
大学・高等教育

教科「情報」、一部大学で入試導入意向

朝日新聞2021年9月20日付が『教科「情報」、87大学が入試で使う意向 本当に実施?懸念の声も』を掲載している。 2022年度以降の高校新学習指導要領実施により、新課程で学ぶ生徒(2021年度中学校3年)が大学入試に挑む20...
「体罰」・対生徒暴力

教師の暴力・「体罰」、学生時代に経験あるほど容認傾向

神戸新聞(ウェブ版)2020年11月8日付に『先生の体罰 40、50代の4割が容認 「当然と思った」「ありがたいと思って」』とする記事が掲載されている。 兵庫県宝塚市立中学校柔道部顧問教諭(50)が生徒に暴行を加えてケガをさせ...
学校教育

給食費徴収業務「学校現場で対応」7割:文科省調査

文部科学省が実施した実態調査によると、学校給食の給食費徴収業務について、学校現場で対応しているところが7割にのぼることがわかった。2020年11月4日に文科省が調査結果を公表した。 文部科学省は教員の働き方改革の一環として、自治体の専...
いじめ問題

いじめ認知件数過去最多、82%の学校が認知:文科省調査

文部科学省が2020年10月22日に発表した調査結果によると、2019年度にいじめを認知した学校は約82%となっていたことがわかった。 いじめの認知件数は61万2496件で過去最多となっている。重大事態と判断されたのは323件で、これ...
学校教育

公立学校:全国のほとんどの地域で「夏休み短縮」へ

文部科学省のまとめによると、新型コロナウイルス問題による休校の影響で、全国で約95%の教育委員会が「夏休み短縮」を決めたことがわかった。 休校中の学習の遅れを取り戻す目的としている。短縮期間については地域によってばらつきがあり、最短で...
教育学・教育調査

新型コロナ、大学生や受験生に影響:オンラインアンケート

新型コロナウイルス問題で大学生や大学受験生への影響が出ていることについて、広島文化学園大学の伊藤駿・専任講師らが大学生・大学院生や受験生を対象にオンライン緊急アンケートを実施し、このほど結果がまとまったとのこと。 アンケートは...
大学・高等教育

新型コロナウイルス問題、学生の経済状況にも影響:学生団体調査

新型コロナウイルス問題の拡大に伴い、「大学生らの約6割がアルバイト先がなくなったり減少した」「経済状況悪化により、13人に1人が退学の検討も考えている」と訴えていることが、学生団体「高等教育無償化プロジェクトFREE」のまとめでわかった。 ...
教育学・教育調査

宮崎県立高校15校で「防寒着着用禁止」校則:NHK調査

NHKが宮崎県立高校の全日制と中等教育学校計37校について、校則に関する情報公開請求をおこなったところ、全体の約4割にあたる15校で「防寒着着用禁止」の校則があることが判明した。 NHKニュース・宮崎県のニュース2020年4月13日配...
タイトルとURLをコピーしました