訴訟

スポンサーリンク
学校教育

黒染め訴訟、最高裁で判決確定

「生まれつき茶色がかっていた髪にもかかわらず、学校から黒く染めるよう強要され、不登校に追い込まれた」などとして、大阪府立懐風館高校(羽曳野市)に在学していた女子生徒が大阪府を相手取り損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は2022年6月15日付で、...
学校教育

名古屋市立中学校「トーチトワリング」事故:被害者側が名古屋市を提訴へ

名古屋市立中学校で2019年に起きた「トーチトワリング」事故で、被害者側が名古屋市を相手取り訴訟を起こす方針を固めたと報じられている。 この事件は2019年7月、名古屋市守山区の市立中学校で、校外宿泊学習でのキャンプファイヤーの出し物...
教科書

教科書展示会アンケート不開示は「違法」:奈良地裁判決

教科書展示会での来場者アンケートが「黒塗り」で開示されたことを不服として、奈良市民が奈良市を相手取って訴えた訴訟で、奈良地裁は2022年4月7日、原告側の訴えを全面的に認め、不開示は違法だとして開示を命じる判決を下した。 この案件は、...
教育行政

「大阪市立の高校の大阪府への無償譲渡」違法と訴える住民訴訟、退けられる:大阪地裁

大阪市立の高校が2022年4月に大阪府に移管される問題。この問題については、大阪市が大阪府に対して、校舎や土地など学校にかかる資産の一切を無償譲渡することを決めた。 このことについて、市会の議決を経ずに市長の裁量で無償譲渡との決定をお...
学校教育

広島県の私立高校「不適切指導で退学」問題、訴訟で和解成立

広島県呉市の私立呉港高校に通っていた元生徒が、「在学中の2019年、学校で行き過ぎた指導を受けて登校できなくなり通信制高校への転学を余儀なくされた」として学校側を相手取り訴えていた訴訟は、2022年1月11日に広島地裁で和解が成立した。 ...
教育行政

大阪府立高校「君が代」不起立での再任用拒否は不当 大阪高裁で逆転勝訴、大阪府に賠償命令

卒業式での「君が代」不起立で戒告処分を受けた経歴があることを理由に定年退職後の再任用を拒否されたことは不当だとして、大阪府立高校の元教諭が大阪府に対して約550万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪高裁は2021年12月9日、原告側請求を棄却し...
学校教育

大阪府立高校「黒染め訴訟」、原告側が上告

大阪府立懐風館高校の「黒染め訴訟」で、原告側は2021年11月11日、指導の違法性を認めなかった二審大阪高裁判決を不服として最高裁に上告した。 「茶髪を禁じた校則は違憲で、判決には法令違反がある」と訴えている。大阪府側は上告しない。 ...
学校教育

「黒染め訴訟」、控訴審でも棄却:大阪高裁

大阪府立懐風館高校(羽曳野市)の「黒染め強要」訴訟で、大阪高裁は2021年10月28日、学校側の一部の対応については不適切と指摘したもののの校則や指導の違法性などを認めなかった一審大阪地裁判決(2021年2月16日)を支持し、原告側の請求を...
未分類

香川県「ゲーム条例」弁護士費用などの返還求め県民らが提訴

香川県の「ゲーム条例」に関連して、「県内の高校生が起こしている訴訟で香川県が弁護士費用などの関連費用を支出するのは不当」だとして、県民ら5人が原告となり、浜田恵造香川県知事に対して弁護士費用などの返還を求める行政訴訟を、2021年10月18...
教育行政

「大阪市立の高校にかかる財産の大阪府への無償譲渡は不法」住民訴訟

大阪市立の高校が2022年度に大阪府に移管される問題に関連して、「大阪市民の財産を守る会」は2021年10月7日、「市立の学校にかかる財産の大阪府への無償譲渡は不法」として、住民訴訟を提訴した。 経過 大阪市内での中等教育については、明...
タイトルとURLをコピーしました