萩生田光一

スポンサーリンク
教育行政

萩生田文科相退任会見「教員労働条件改善」言及

萩生田光一文部科学大臣は2021年10月4日の退任記者会見で、埼玉県の教員の残業代訴訟で裁判長が「教員の労働条件改善が必要」と付言したことについて触れ、「司法からも改善を求められていることは重く受け止める」と言及し、教員の労働条件改善につい...
教科書

「従軍慰安婦」教科書記述を維新議員が問題視、政府も「対応する」:衆院予算委員会

産経新聞(ウェブ版)が『首相、「従軍慰安婦」の教科書記述認めない考え「政府の統一見解踏まえ対応」』とする記事を、2021年5月10日付で配信している。 2021年5月10日午前に開かれた衆議院予算委員会での菅義偉首相や萩生田光...
大学・高等教育

2度目の「緊急事態宣言」検討:大学入学共通テストは当初日程で実施へ

新型コロナウイルスの感染者が2020年末頃から急増に転じている。このことを受け、政府は2021年1月5日、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の首都圏1都3県を対象に、1月7日にも緊急事態宣言の発令を決定する方針を固めた。1月8日に発令し、1ヶ...
教育行政

緊急事態宣言の場合「国レベルでの学校一斉休業要請考えず」文科相

萩生田光一文部科学大臣は2020年11月27日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染が拡大傾向に転じていることを踏まえ、学校側の対応についての見解を示した。 今後状況の悪化により緊急事態宣言が出た場合、文部科学省として全国的な学...
教育行政

少人数学級:文科省は導入求める方針、一方で財務省は消極的

萩生田光一文部科学大臣は2020年10月27日の閣議後記者会見で、少人数学級を進めるために予算獲得の取り組みを強化したいという意向を示した。 一方で財源を付けることになる財務省は前日10月26日の会合で、少人数学級での学校への影響は限...
教育行政

新型コロナ対応「少人数学級求める」提言、首長らが文科省に提出

首長らでつくる全国知事会・全国市長会・全国町村会の3団体は2020年7月3日、新型コロナウイルス問題での感染対策に関連して、現行の学級編成では物理的に「密」が避けられないとして、少人数学級を求める緊急提言書を、連名で文部科学省に提出した。 ...
学校教育

大学入学共通テスト「学習の遅れ不安視する受験生向け追試」も選択肢に検討

萩生田光一文部科学大臣は2020年6月12日の閣議後会見で、2021年1月に実施予定の大学入学共通テストについて、コロナ禍での学習の遅れを不安視する受験生向けの追試実施も視野に入れていることを明らかにした。 センター試験で実施されてき...
教育行政

「教員増員・少人数学級を」衆院予算委員会で取り上げられる

2020年6月10日の衆議院予算委員会では、質問に立った各議員が、新型コロナウイルスへの対応についても取り上げた。 各議員が取り上げた内容は家計支援・中小企業支援・保健所など各分野にわたっているが、日本共産党の志位和夫委員長・衆議院議...
教育行政

2020年度全国学力テストは「4月予定の当初日程ではおこなわず、延期模索」:萩生田文科相

萩生田光一文部科学大臣は2020年3月17日、閣議後の記者会見で、4月16日に実施が予定されていた2020年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)について「予定通りの日程ではおこなわない」と表明した。 新型コロナウイルス問題による...
教育行政

臨時休校「再開目安示す状況にないと現時点では判断」文科相

萩生田光一文部科学大臣は2020年3月10日、閣議後の記者会見で、新型コロナウイルス対策での学校の臨時休校について「現段階で直ちに学校再開の目安を示す状況にはないと、今日の時点では判断している」とする見解を示した。 児童生徒の過ごし方...
タイトルとURLをコピーしました