自殺

スポンサーリンク
「体罰」・対生徒暴力

熊本市生徒自殺、小学校6年時の担任教諭を懲戒免職

熊本市立中学校に進学したばかりの男子生徒が2019年4月に自殺し、「熊本市立五福小学校6年だった2018年度、当時の担任教諭からの不適切指導があった」と指摘された問題で、熊本市教育委員会は2022年12月2日、担任だった男性教諭(2022年...
「体罰」・対生徒暴力

熊本市中学生自殺、小学校時代の担任教諭を不適切指導として懲戒処分へ

熊本市立中学校に進学したばかりの男子生徒が2019年4月に自殺し、小学校6年時の担任だった教諭からの不適切指導が背景にあったと指摘された問題で、熊本市教育委員会は2022年11月24日の教育委員会会議で、当該教諭への懲戒処分を2022年12...
「体罰」・対生徒暴力

生徒自殺事案で不適切指導指摘された元担任教諭、別の児童への暴行で起訴猶予処分に

熊本市立中学校に進学したばかりの男子生徒が2019年4月に自殺し、小学校6年時の担任教諭の指導が一因だと指摘された問題で、当該教諭が2018年度に別の児童に暴力を振るい起訴猶予処分になっていたことが指摘されている。『熊本日日新聞』2022年...
いじめ問題

熊本工業高校生徒自殺:部活動上級生からの「シメ」あった?

熊本県立熊本工業高校1年の生徒が2022年10月に自殺した事案で、生徒が所属していた部活動では「シメ」と呼ばれる上級生から下級生への制裁が横行していたことが指摘されている。 事件の経過 生徒は2022年10月23日に自殺した。熊本県教委...
「体罰」・対生徒暴力

顧問教諭の不適切指導で生徒自殺、訴訟外で和解:福岡県の私立高校

福岡市東区の私立博多高校で2020年8月、剣道部に所属していた当時1年の女子生徒が、顧問教諭からの不適切指導を苦にして自殺していたことが、2022年11月3日までに報道された。 報道によると、当該生徒は、顧問教諭から繰り返し暴言や暴力...
いじめ問題

いじめ調査報告書「ネグレクト」は事実と異なるとして遺族が提訴へ:滋賀

滋賀県守山市立中学校2年だった男子生徒が2017年11月に学校内で自殺した事案で、「第三者委員会の調査報告書で、家庭での『ネグレクト』が自殺の原因かのように読み取れるような記述があり、不十分な調査で遺族の尊厳が傷つけられた」として、遺族が守...
学校教育

愛知県一宮市立中学校生徒自殺訴訟、和解成立

愛知県一宮市立中学校3年だった男子生徒が2017年に自殺した問題があった。この事案について遺族側が「学校側の指導が自殺の背景にあった」として一宮市を相手取り訴えていた民事訴訟は、2021年9月29日付で名古屋地裁一宮支部で和解が成立した。 ...
いじめ問題

「いじめは学校側の不適切対応も一因」福島県の元生徒家族が提訴

福島県会津坂下町立中学校1年だった男子生徒が2014年にいじめを受けて不登校になった案件に関して、学校の対応にも問題があったとして、生徒の両親が町を相手取り、約330万円の損害賠償を求める訴訟を福島地裁に起こした。 当該元生徒は201...
学校教育

沖縄県立高校生徒自殺、当該生徒はアンケートに部活動に関する内容記述

沖縄県立コザ高校の運動部主将だった男子生徒が2021年1月に自殺し、顧問教諭からの不適切指導が自殺の背景になったのではないかと指摘された問題に関連して、当該生徒が死亡の約2ヶ月前、「つらいこと、苦しいこと、やめようと思ったことが何度もあった...
学校教育

宮城県工業高校生徒自殺「高校でのできごとが心理的負担になった」第三者委員会報告書

宮城県工業高校(仙台市青葉区)1年の男子生徒が2018年8月に自殺した問題を調査していた宮城県教育委員会の第三者委員会は2021年3月26日、「教員の対応を含め高校での出来事の1つひとつが心理的負担になった」とする調査報告書をまとめ答申した...
タイトルとURLをコピーしました