自殺未遂

スポンサーリンク
「体罰」・対生徒暴力

誤った指導や言葉の暴力などを「精神的体罰」として処分対象に含めるよう要請:兵庫県宝塚市

兵庫県宝塚市教育委員会は2020年8月12日、教職員懲戒処分の基準の見直しを求めて、兵庫県教委に要望書を出した。 児童生徒への誤った指導や言葉の暴力などが懲戒処分の基準として明示されていないとして、これらの行為を「精神的な体罰」として...
学校教育

生徒への暴言で自殺未遂・不登校に追い込む:京都市立中学校

京都市立中学校の教諭が2015年、顧問を務める部活動の部員の男子生徒に暴言を繰り返して不登校に追い込み、その後も被害生徒の保護者から相談を受けても学校側が適切な対応を怠っていたことがわかった。京都市教育委員会が2020年3月、顧問教諭と校長...
学校教育

不適切指導で自白強要、当該生徒は自殺未遂・転校

週刊文春(ウェブ版)2020年7月13日号に『「保健室に閉じ込められ、自白を強要された」学校の不適切指導が自殺をまねく』が掲載されている。 これによると、東北地方の高校で、同級生の女子生徒の虚言によりあらぬ疑いを着せられた男子生徒が、...
いじめ問題

いじめ関連文書を校長が改ざん:大分市立中学校

大分市立中学校1年だった女子生徒が2017年にいじめを受け自殺を図るなどした問題で、当時の校長がいじめ調査に関する文書を改ざんしていたことが指摘されている。 校長は2020年3月に定年退職した。 大分市教育委員会が各学校に対して...
いじめ問題

「いじめ被害者側を侮辱」保護者が校長を提訴:山口県下関市立小学校

山口県下関市立小学校に通っていた女子児童が2019年12月にいじめを苦にして自殺を図った問題に関連して、当時の校長が「いじめはなかった扱いでほかの保護者に吹聴し、いじめ被害児童の保護者を侮辱した」として、保護者が校長を相手取り約110万円の...
タイトルとURLをコピーしました