福島県

スポンサーリンク
いじめ問題

いじめ自殺未遂事案、市教委が事態把握しながら「重大事態ではない」:福島市

福島市立小学校に通っていた男子児童が、5年生だった2018年度以降いじめを受け、繰り返し自殺未遂を図った事案があった。福島市教委は2020年8月、児童が自殺未遂をしたとする連絡を受けて事態を把握したものの、「重大事態ではない」と判断し、市長...
未分類

原発事故:幼稚園に置きっぱなしになった私物、引き取りを個別連絡できず

毎日新聞2022年8月8日配信(ウェブ版)に『原発事故で解体の幼稚園 園児に個別連絡なく私物撤去へ』とする記事が掲載されている。 2011年3月11日の東日本大震災と原発事故で立ち入り禁止区域となって使われなくなった町立幼稚園の園舎が...
大学・高等教育

原発事故、山梨県への避難生徒「県内在住」出願要件満たさず推薦入試受験できず:山梨県立大学

2011年の東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発事故の影響で山梨県に避難し、山梨県立高校に在学している女子生徒が、山梨県立大学(山梨県甲府市)の推薦入試を受験しようとした際、福島県に住民票を置いたままであることから「山梨県内在住」の出願要...
いじめ問題

「いじめは学校側の不適切対応も一因」福島県の元生徒家族が提訴

福島県会津坂下町立中学校1年だった男子生徒が2014年にいじめを受けて不登校になった案件に関して、学校の対応にも問題があったとして、生徒の両親が町を相手取り、約330万円の損害賠償を求める訴訟を福島地裁に起こした。 当該元生徒は201...
未分類

東京オリンピック「学校連携観戦」キャンセル・返上相次ぐ

東京オリンピック・パラリンピックでは「学校連携観戦」の制度が設定されたが、学校・市区町村教育委員会からは観戦枠返上の動きが相次いでいると報じられている。 観戦チケットへの批判 「学校連携観戦」は、大会組織委員会が、児童・生徒に教育の一環...
いじめ問題

福島県会津坂下町が開示拒否した「いじめアンケート」、開示命じる:福島地裁

福島県会津坂下町立中学校で2014年、当時1年だった男子生徒(2019年に自殺)がいじめを受けて不登校になった事案に関連して、生徒の遺族が町を相手取り「いじめに関するアンケート」の開示を求めた訴訟で、福島地裁は2020年12月1日、「個人を...
いじめ問題

福島市立小学校いじめ事案、不登校・適応障害発症も「重大事態」と認めず

福島県福島市立小学校に通っていた男子児童が在学中にいじめを受けて不登校になり適応障害を発症した事案で、福島市教育委員会はいじめ防止対策推進法で定める「重大事態」に該当しないと判断し、第三者委員会の設置をおこなっていないことが指摘された。 ...
大学・高等教育

郡山女子大学が会見:大学・附属高校関係者への差別があったと訴え

郡山女子大学(福島県郡山市)は2020年3月26日に記者会見し、同大学教員が新型コロナウイルスに感染したことをめぐり、今後の対応について学長らが説明をおこなった。その中で、関係者への嫌がらせや差別的な扱いが多数あったことを明らかにした。 ...
タイトルとURLをコピーしました