神戸市

スポンサーリンク
「体罰」・対生徒暴力

部活動指導中に暴言繰り返した教諭を懲戒処分:神戸市

 神戸市教育委員会は8月9日、顧問を務めていたバスケットボール部で常習的に暴言を繰り返したとして、東灘区の市立中学校に勤務する男性教諭(57)を戒告処分にした。 事件の経過  教諭は少なくとも2017年8月から2018年5月にか...
「体罰」・対生徒暴力

組体操練習中に児童を蹴り戒告:神戸市立義務教育学校

 神戸市教育委員会は7月19日、児童を蹴るなどの暴力行為を加えたとして、市立義務教育学校港島学園(中央区)の男性教諭(29)を戒告処分にした。  教諭は2018年5月24日、体育祭の組体操の練習中、小学部高学年の児童が「ふざけていた」...
「体罰」・対生徒暴力

教諭の暴力・「体罰」で複数の生徒不登校に:神戸市立中学校

 神戸市西区の市立中学校の30代男性教諭が、担任クラスや顧問を務める柔道部で日常的に「体罰」・暴力行為や暴言・威圧的行為を繰り返し、複数の生徒を不登校に追い込んでいたことが、7月3日までにわかった。 事件の経過  報道によると、...
いじめ問題

神戸市垂水区中3自殺:市教委担当者と当時の校長が意図的に聴き取りメモ隠蔽

 神戸市垂水区で2016年10月、市立中学校3年だった女子生徒が自殺した問題に関連して、神戸市教育委員会から委託を受けて調査していた弁護士は6月3日、市教委担当者が当時の校長に対し、同級生から聞き取った内容のメモが存在しているにもかかわらず...
いじめ問題

神戸市垂水区中3自殺、「破棄した」同級生への聴き取りメモは実際には保管されていた

 神戸市垂水区の市立中学校3年だった女子生徒が2016年に自殺し、いじめが背景にあったのではないかと指摘されている問題。  この問題に関連して、学校側が同級生に聴き取りをおこなったメモがあったにもかかわらず、遺族からの問い合わせに対し...
いじめ問題

神戸市垂水区中3いじめ自殺:「破棄した」とされた調査メモは実際には存在した

 神戸市垂水区の神戸市立中学校3年だった女子生徒が2016年10月に自殺し、背後にいじめが指摘された問題に関連して、神戸市教委は4月22日、当初は「破棄した」とされていた学校側の調査文書が、実際は存在していたと発表した。 メモ「発見」の経...
教育学・教育調査

神戸市立中学校にかつてあった「丸刈り校則」:歴史的経緯から考える

 神戸新聞2018年1月6日付(ウェブ版)に『「長髪の中学生は不良」 神戸の校則、今は全廃』が掲載されている。  かつて、男子中学生に校則で丸刈りを強要する「丸刈り校則」が全国各地の学校に存在した。神戸市では「丸刈り校則」を導入した市立中...
「体罰」・対生徒暴力

神戸市立六甲アイランド高校生徒転落事故:直前に約8時間にわたる教師の指導

 神戸市立六甲アイランド高校(神戸市東灘区)で1年の男子生徒が校舎から転落し重体になっている事件で、教師の指導の直後に生徒が転落していたことが指摘されている。  事件は12月22日午後5時過ぎに発生した。この生徒についてSNSの書き込みの...
児童福祉

「保育園の騒音」訴訟:最高裁で上告棄却、原告敗訴確定

 神戸市東灘区の男性が「近隣の保育園の園児の声がうるさい」として保育園を運営する社会福祉法人を相手取り、防音設備の増設と約100万円の損害賠償を求めて訴えた訴訟で、最高裁は12月19日付で男性側の上告を棄却した。原告敗訴の判決が確定した。 ...
「体罰」・対生徒暴力

「体罰」教員氏名を極力隠そうとする神戸市教委

 神戸市教育委員会は10月8日までに、「体罰」加害教員の氏名について一部のみ開示する方針を決めた。  従来は全面非開示だったが、市情報公開審査会の答申を受けて方針を一部修正した形になる。その一方で、詭弁を弄して極力非開示にしようとする姿...
スポンサーリンク