熊本県

スポンサーリンク
いじめ問題

いじめ加害生徒氏名開示の判断、二分される:熊本県立高校いじめ

熊本県立高校で起きた2件のいじめ事件をめぐり、いじめ加害者とされた生徒の情報開示方法に差があると、熊本日日新聞2022年12月30日付『いじめ関与の生徒名「開示」「非開示」、第三者機関の対応に違い 熊本県立高での2件 県「調査の性質異なる」...
学校教育

全国学力テストの事前対策が横行か:熊本県で教職員組合が調査

熊本日日新聞2022年11月20日付が『全国学力テストに事前対策…熊本県内の複数校で 県教組「本来の目的から外れている」』を報じている。 熊本県教職員組合が県内の学校に対して、全国学力テストに関する学校での対応の実態調査をおこなったと...
いじめ問題

熊本工業高校生徒自殺:部活動上級生からの「シメ」あった?

熊本県立熊本工業高校1年の生徒が2022年10月に自殺した事案で、生徒が所属していた部活動では「シメ」と呼ばれる上級生から下級生への制裁が横行していたことが指摘されている。 事件の経過 生徒は2022年10月23日に自殺した。熊本県教委...
「体罰」・対生徒暴力

熊本市立中学校生徒自殺、小学校6年時の担任の不適切指導が一因

熊本市立中学校に進学したばかりの男子生徒が2019年4月に自殺し、背後に小学校6年時の担任教諭の不適切指導が指摘された問題を調査していた熊本市教委の第三者委員会は2022年10月24日、調査報告書をまとめて熊本市長宛に答申をおこない、概要を...
いじめ問題

熊本県立高校いじめ自殺訴訟、加害生徒側が和解を申し入れ

熊本県立高校3年だった女子生徒が2018年5月に自殺し、背後に同級生からのいじめがあったとして、遺族が加害者とされた元同級生4人を相手取り損害賠償を求めていた民事訴訟で、すでに和解が成立している1人を除く3人から遺族側に和解の申し入れがあっ...
いじめ問題

熊本県八代市いじめ不登校訴訟、福岡高裁で和解へ

「中学校在学中に受けたいじめで不登校になった。学校側がいじめを見逃し、対応が十分ではなかった」として、熊本県八代市立中学校に通っていた元男子生徒が八代市を相手取って約330万円の損害賠償を求めて訴えた訴訟で、八代市は2022年9月7日までに...
学校教育

「校歌指導や丸刈り強制などで不登校に」損害賠償訴訟、棄却:熊本県立高校

熊本県立済々黌高校(熊本)に通っていた元生徒の男性(20歳)が、「入学直後の上級生による校歌指導や部活動での強制的な丸刈りなどの『シメ』といわれる行為で精神的苦痛を受けた」として、熊本県を相手取り1円の損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁は20...
いじめ問題

秀岳館高校サッカー部暴行・入学辞退問題、熊本県が支援検討

熊本家八代市の私立秀岳館高校のサッカー部で、入学予定だった生徒が上級生から暴行を受け入学を辞退し、進路が宙に浮いている問題で、熊本県などが対応を検討していることが報じられている。 この生徒はスポーツ推薦で秀岳館高校への入学を決め、20...
「体罰」・対生徒暴力

秀岳館高校サッカー部事件、「謝罪動画」は監督の指示だった

熊本県八代市の私立秀岳館高校で、サッカー部コーチが部員の生徒に暴行を加える動画がインターネット上に流出し、それに関連して被害者の生徒やサッカー部キャプテンなどが実名・顔出しで「謝罪動画」を出した問題で、学校は2022年5月4日、保護者を対象...
学校教育

秀岳館高校サッカー部、上級生が入学予定の生徒に暴行、被害者は入学辞退

コーチによる暴力事件が発覚した秀岳館高校(熊本県八代市)のサッカー部で2022年3月下旬、上級生部員が入学予定だった生徒に暴行を加え、被害生徒は入学を辞退し高校に進学できない状態になっていることがわかった。 報道によると、経過は大筋で...
タイトルとURLをコピーしました