熊本県

スポンサーリンク
学校教育

「校歌指導や丸刈り強制などで不登校に」損害賠償訴訟、棄却:熊本県立高校

熊本県立済々黌高校(熊本)に通っていた元生徒の男性(20歳)が、「入学直後の上級生による校歌指導や部活動での強制的な丸刈りなどの『シメ』といわれる行為で精神的苦痛を受けた」として、熊本県を相手取り1円の損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁は20...
いじめ問題

秀岳館高校サッカー部暴行・入学辞退問題、熊本県が支援検討

熊本家八代市の私立秀岳館高校のサッカー部で、入学予定だった生徒が上級生から暴行を受け入学を辞退し、進路が宙に浮いている問題で、熊本県などが対応を検討していることが報じられている。 この生徒はスポーツ推薦で秀岳館高校への入学を決め、20...
「体罰」・対生徒暴力

秀岳館高校サッカー部事件、「謝罪動画」は監督の指示だった

熊本県八代市の私立秀岳館高校で、サッカー部コーチが部員の生徒に暴行を加える動画がインターネット上に流出し、それに関連して被害者の生徒やサッカー部キャプテンなどが実名・顔出しで「謝罪動画」を出した問題で、学校は2022年5月4日、保護者を対象...
学校教育

秀岳館高校サッカー部、上級生が入学予定の生徒に暴行、被害者は入学辞退

コーチによる暴力事件が発覚した秀岳館高校(熊本県八代市)のサッカー部で2022年3月下旬、上級生部員が入学予定だった生徒に暴行を加え、被害生徒は入学を辞退し高校に進学できない状態になっていることがわかった。 報道によると、経過は大筋で...
「体罰」・対生徒暴力

高校サッカー部暴行動画流出問題、指導者が「動画流した部員は加害者だ」と恫喝か

熊本県の私立秀岳館高校のサッカー部で、コーチが部員の生徒に暴力を加えた動画がインターネット上で流れ、その後サッカー部員らが実名・顔出しで暴力事件を「自分が悪い」かのように謝罪する動画が流された問題。 この問題に関連して、サッカー部の指...
「体罰」・対生徒暴力

サッカー部での暴力、被害者が「謝罪動画」に批判

熊本県八代市の私立秀岳館高校のサッカー部で2022年4月、コーチが部員に暴行を加えたとして、インターネット上で動画が拡散された。 この動画に関連して、暴力被害に遭ったとする部員本人やサッカー部キャプテンなどが2022年4月22日、サッ...
いじめ問題

2018年の熊本県立高校いじめ自殺事件、「週刊文春」が詳細を取材

2018年5月に熊本県北部の熊本県立高校で、当時3年の女子生徒が自殺した事件。背後にいじめがあったと県の第三者委員会で指摘され、遺族は加害生徒らを相手取り訴訟を起こして係争中となっている。 このいじめ事件について、「週刊文春」(ウェブ...
いじめ問題

2013年の熊本県立高校いじめ自殺、被害者の母親が新聞取材で心境話す

熊本日日新聞2021年12月5日付に記事『裁判勝訴も「謝罪もなく」悲しみ いじめ苦に自殺の女子高生の母 熊本』が掲載された。 熊本県立高校の女子生徒が同級生からのいじめを受けて自殺した事件で、生徒の母親にインタビューしている。 ...
いじめ問題

熊本県立高校での2件のいじめ自殺訴訟、それぞれで第1回口頭弁論開かれる

熊本県立高校で起きた2件のいじめ自殺訴訟の第1回口頭弁論が、2021年7月28日に熊本地裁でそれぞれおこなわれた。 当該事件は2013年4月に県央地域の県立高校で当時3年の女子生徒が自殺した事件と、2018年5月に別の県北部の県立高校...
「体罰」・対生徒暴力

部活動外部コーチが生徒に暴行加え逮捕:熊本・八代市

熊本県八代市立中学校で、バレーボール部外部コーチが部員に暴力を振るったとして逮捕された。 報道によると、事件は2021年7月24日午前に起きた。中学校の部活動を指導していた外部コーチが、部員の男子生徒の顔面を足蹴りするなどした。 ...
タイトルとURLをコピーしました