滋賀県

スポンサーリンク
いじめ問題

滋賀県野洲市「教師のいじめ」事案、市教委が検証結果を発表

滋賀県野洲市立の同じ小学校で「教員による、担任クラスの児童へのいじめ」事案が1年ほどの間に2件連続して起きた問題で、野洲市教育委員会は2023年1月23日、事案を分析した調査報告書を公表した。 同校の管理職が「教員が児童をいじめるわけ...
いじめ問題

いじめ調査報告書「ネグレクト」は事実と異なるとして遺族が提訴へ:滋賀

滋賀県守山市立中学校2年だった男子生徒が2017年11月に学校内で自殺した事案で、「第三者委員会の調査報告書で、家庭での『ネグレクト』が自殺の原因かのように読み取れるような記述があり、不十分な調査で遺族の尊厳が傷つけられた」として、遺族が守...
いじめ問題

大津いじめ事件から11年

滋賀県大津市立中学校に通っていた当時2年の男子生徒が2011年10月11日、同級生からのいじめを苦にして自殺した事件があった。 この事件から11年となる2022年10月11日、生徒の通っていた中学校では「命を思う集い」を開催した。コロ...
いじめ問題

「教師のいじめ」学校・市教委の対応も不備:滋賀県の小学校

滋賀県野洲市の同じ小学校で「教師によるいじめ」が相次いで明らかになったことで、学校・市教委の対応のまずさが指摘されている。 2年担任教諭によるいじめ 2022年9月29日、新聞報道で、2年を担当する教諭が2022年5月頃から、特定の児童...
いじめ問題

保育園いじめ「あった」と第三者委員会が認定:滋賀県大津市

滋賀県大津市立保育園に通っていた園児(2022年度時点では小学校2年)が、通っていた保育園でいじめを受けて登園できない状態になり、適応障害などを発症した問題を調査していた、大津市教育委員会の第三者委員会は2022年7月6日、園児へのいじめが...
いじめ問題

大津いじめ自殺から10年

滋賀県大津市立中学校に通っていた男子生徒がいじめを苦にして自殺した事件から、10月11日で10年となる。この事件は「いじめ防止対策推進法」が制定されるなどのきっかけとなった。 事件は、加害生徒のいじめ行為を認定して損害賠償を認める判決...
いじめ問題

保育園でのいじめ、第三者委員会で調査へ:滋賀県大津市

滋賀県大津市立保育園に通っていた元園児がいじめを受け登園できなくなった問題で、大津市は2021年4月7日、常設の第三者委員会に事実確認の調査をおこなうよう諮問したことを発表した。 いじめ防止対策推進法や大津市の条例では、法令上未就学児...
いじめ問題

特定生徒への侮辱的言動繰り返した教諭を処分:滋賀県

滋賀県教育委員会は2021年3月26日、特定の1年男子生徒への「いじり」を繰り返して精神的苦痛を与えたとして、県内の公立中学校の男性教諭(34)を減給10分の1・1ヶ月の懲戒処分にした。滋賀県教委は「教諭の行為をきっかけに、いじめに発展する...
いじめ問題

大津いじめ自殺訴訟、最高裁で上告棄却:二審判決が確定

滋賀県大津市立中学校2年だった男子生徒が2011年に自殺したのはいじめが原因だとして、被害生徒の遺族が加害生徒を相手取って訴えていた訴訟で、最高裁は2021年1月21日付で、遺族側からの上告を棄却した。 加害者からのいじめがあり自殺と...
児童福祉

園児の「性別に違和感・受診歴」保育園評価書に掲載、保護者の求めで公開中止:滋賀県大津市

滋賀県大津市役所ウェブサイト内に掲載された市立保育園の「保育園評価書」ページに、性別に違和感を感じているとする園児への対応について記載され、当該児童の保護者が「個人が特定されるおそれが高い」としてウェブサイト上からの削除を求めたことが、20...
タイトルとURLをコピーしました