教職員

スポンサーリンク
学校教育

部活顧問の負担を告発する記事

毎日新聞2022年4月12日付に『<部活クライシス>「部活は生徒のため」 休日ささげた顧問教員、家族の犠牲に限界』が掲載されている。 中学校教員だった男性が、自身は未経験にもかかわらず吹奏楽部の顧問を任されてほぼ1年中部活動の指導に携...
教育行政

若手教員の授業を数値評価へ:大阪市教委が検討

大阪市教育委員会が、教職員に対してまたおかしなことを検討しているらしい。 朝日新聞(ウェブ版)2022年2月9日配信『若手教員の授業を数値で評価へ 大阪市教委、子どもにはアンケート』によると、市立小中学校の若手教職員の授業を数値で評価...
学校教育

部活での教員多忙化「対策」、補習を学習塾に外部委託:石川県加賀市

北國新聞2021年11月18日付(ウェブ版)に『中学の放課後に「助っ人」塾講師 学力テスト、国数とも県平均下回り…加賀市教委、多忙の教員に代わり』とする記事が掲載されている。 記事によると、石川県加賀市教育委員会は2022年2月より、...
教育行政

萩生田文科相退任会見「教員労働条件改善」言及

萩生田光一文部科学大臣は2021年10月4日の退任記者会見で、埼玉県の教員の残業代訴訟で裁判長が「教員の労働条件改善が必要」と付言したことについて触れ、「司法からも改善を求められていることは重く受け止める」と言及し、教員の労働条件改善につい...
学校教育

教員時間外労働訴訟、原告敗訴の一方で「給特法改善必要」と言及

埼玉県の公立小学校に勤務する男性教諭(62)が、教員の時間外労働に残業代が支払われないのは違法だとして訴えた訴訟で、さいたま地裁は2021年10月1日、原告側の請求棄却の判決を出した。一方で判決では、公立校教員の給与に関する特別法(給特法)...
教育行政

東須磨小学校事件「分限休職・給与差し止めは手続きに問題あり」として取り消す裁決:神戸市

神戸市立東須磨小学校に在籍していた教諭4人が2019年度まで数年間にわたり同僚教員にいじめ・ハラスメント行為を繰り返した問題に関連して、神戸市人事委員会が2021年8月2日付で「2019年10月に加害教員に対しておこなわれた分限休職・給与差...
教育行政

わいせつ教師「教員免許再取得厳格化」は断念:文部科学省

文部科学省は2020年12月25日、教員免許失効後3年経てば再取得可能とする現行規定を「それ以上の長期」もしくは「永久的に不可能」に見直すことを狙った、教育職員免許法改正案の通常国会提出を断念した。 児童・生徒へのわいせつ行為をおこな...
教育行政

全国一斉休校要請で混乱続く

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)対策として、安倍晋三首相が2020年2月27日夕方に「3月2日から春休みまでの全国一斉休校要請」を呼びかけてから、学校現場のみならず各所で混乱が続いている。 文部科学省関係者は一律の措置に...
いじめ問題

別の市立学校でも教員へのハラスメント、加害者を処分:神戸市

神戸市教育委員会は2020年2月28日、市立学校で同僚教員へのいじめ・ハラスメント行為が確認されたとして、加害行為に関与した教員2人を懲戒処分にした。同日に処分が発表された東須磨小学校の事件とは別の学校だという。 40代男性教諭を減給...
いじめ問題

神戸市教員暴力:加害教員2人を懲戒免職、教諭1人と前校長を停職など8人処分

神戸市立東須磨小学校の教員暴力事件で、神戸市教育委員会は2020年2月28日、関係教員8人への処分を決定した。 教員4人に対して「激辛カレー」強要や暴行・暴言・セクハラ行為などを繰り返したとして、蔀俊(しとみ・しゅん)教諭(34)・柴...
タイトルとURLをコピーしました