指導死

スポンサーリンク
いじめ問題

北海道立高校生徒自殺訴訟、11月13日控訴審判決へ

「東洋経済Online」が2020年11月12日付で記事『指導死?部活顧問に居場所奪われた高1の絶望』を配信している。 北海道立高校1年だった男子生徒が2013年3月に自殺し、背後には所属していた吹奏楽部での顧問の不適切指導が...
「体罰」・対生徒暴力

顧問教諭の行為で「絶望感深めさせたこと否定できない」:岩手県立高校バレーボール部員自殺事件

岩手県立不来方高校(矢巾町)3年だった男子生徒が2018年7月に自殺し、背後にバレーボール部顧問教諭の暴言や威圧的発言など不適切指導があったと指摘された問題で、第三者委員会は生徒の自殺の原因について「教諭の叱責や発言が絶望感を深めさせた可能...
学校教育

生徒自殺、調査・公表を断念させるよう迫る学校側の対応:共同通信特集記事

共同通信2020年7月21日付が特集記事『子どもの自殺、調査や公表阻む学校 遺族不安あおる発言の数々』を出している。 学校で児童生徒の自殺事案が発生した際、学校側が遺族に圧力をかけたり不安をあおるなど、調査や公表を断念させるよ...
学校教育

北海道立高校生徒自殺訴訟、控訴審が結審

札幌市内の北海道立高校に通っていた当時1年の男子生徒が2013年に自殺したのは、所属していた吹奏楽部での顧問のパワハラ同然の指導が原因だったとして、遺族が北海道を訴えている訴訟で、2020年6月17日に札幌高裁で控訴審の最終弁論がおこなわれ...
学校教育

福井県池田中学校生徒自殺「教員の不適切指導が原因」遺族が提訴

福井県池田町立池田中学校で2017年3月、当時2年だった男子生徒が自殺したのは教員らの不適切指導が原因だとして、生徒の遺族が2020年6月15日、福井県と池田町を相手取り約5500万円の損害賠償を求めて福井地裁に提訴した。 この生徒は...
「体罰」・対生徒暴力

熊本市中学生自殺、小学校6年時の担任の言動が原因?:第三者調査委員会設置へ

熊本市は2020年6月1日、市立中学校に進学したばかりの男子生徒が2019年4月に自殺し、背後にこの生徒の小学校6年当時の担任だった教諭の不適切な言動が指摘されている問題について、第三者調査機関の設置を発表した。 当初は市教委のもとで...
「体罰」・対生徒暴力

岩手県立高校バレーボール部員自殺、暴行加えたとされた顧問教諭を不起訴に

岩手県立不来方高校3年でバレーボール部員だった男子生徒が2018年7月に自殺し、背後に顧問教諭からの暴力やハラスメントがあったと指摘された問題で、盛岡地検は2020年4月9日、暴行容疑で書類送検されていた顧問教諭を不起訴処分とした。 ...
いじめ問題

尼崎市中2いじめ自殺、関係教職員4人を処分:兵庫県教委

兵庫県尼崎市立中学校2年の女子生徒が2017年に自殺し、いじめがあったと指摘されている問題で、兵庫県教育委員会は2020年4月3日、いじめへの不適切な対応があったとして、関係教員4人の処分を発表した。 校長を減給10分の1・6ヶ月の処...
「体罰」・対生徒暴力

さいたま市立中学校生徒自殺:第三者委員会設置求める遺族に校長が圧力発言か

さいたま市立南浦和中学校で2018年8月、当時1年の男子生徒が自殺し、背後に部活動顧問の不適切な指導があったと指摘された問題で、第三者委員会の設置を求める遺族側に対し、同校の益子慶次校長が圧力をかけて断念させると受け取れるような発言をおこな...
タイトルとURLをコピーしました