指導死

スポンサーリンク
「体罰」・対生徒暴力

週刊誌で特集:2018年の鹿児島市立中学校「指導死」事件

『文春オンライン』が2021年12月30日、『「担任が嫌なので、クラス替えをしてほしい」と何度も…中3生徒を自殺へと追いやった“不適切指導”の実態』とする記事を出している。 2018年9月、鹿児島市立中学校3年だった男子生徒が自殺した...
学校教育

福井県池田町立池田中学校「指導死」訴訟:当時の副担任が強い叱責を否定

福井県池田町立池田中学校2年だった男子生徒が2017年に自殺し、背景に複数の教員からの過剰な叱責行為があったと指摘された問題。 この問題で、遺族側が池田町や福井県に対して計約5470万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が、20...
学校教育

愛知県一宮市立中学校生徒自殺訴訟、和解成立

愛知県一宮市立中学校3年だった男子生徒が2017年に自殺した問題があった。この事案について遺族側が「学校側の指導が自殺の背景にあった」として一宮市を相手取り訴えていた民事訴訟は、2021年9月29日付で名古屋地裁一宮支部で和解が成立した。 ...
学校教育

鹿児島市立中学校生徒自殺「直前の担任の指導が引き金」:第三者委員会報告書

鹿児島市立中学校3年だった男子生徒が2018年9月に自殺した事件を調査していた市教委の第三者委員会は2021年6月30日、直前の担任教諭の指導が自殺に影響したと指摘する調査報告書を出した。 この事件では、生徒の自殺の直...
学校教育

沖縄県立高校生徒自殺、当該生徒はアンケートに部活動に関する内容記述

沖縄県立コザ高校の運動部主将だった男子生徒が2021年1月に自殺し、顧問教諭からの不適切指導が自殺の背景になったのではないかと指摘された問題に関連して、当該生徒が死亡の約2ヶ月前、「つらいこと、苦しいこと、やめようと思ったことが何度もあった...
学校教育

宮城県工業高校生徒自殺「高校でのできごとが心理的負担になった」第三者委員会報告書

宮城県工業高校(仙台市青葉区)1年の男子生徒が2018年8月に自殺した問題を調査していた宮城県教育委員会の第三者委員会は2021年3月26日、「教員の対応を含め高校での出来事の1つひとつが心理的負担になった」とする調査報告書をまとめ答申した...
「体罰」・対生徒暴力

沖縄県立高校生徒自殺、部活動顧問教諭の「過度な指導」指摘

沖縄県立コザ高校の運動部主将だった2年の男子生徒が2021年1月に自殺した問題で、沖縄県教育委員会の調査委員会は2021年3月19日、「顧問教諭からの過度の指導があった」と指摘する報告書を公表した。 この問題では、生徒が運動部の顧問教...
「体罰」・対生徒暴力

沖縄県立高校生徒自殺:部活動顧問の「指導」が影響か?

沖縄県立高校2年で運動部主将を務める男子生徒が2021年1月に自殺し、顧問教諭から厳しい叱責があったと指摘されていることが、2021年2月13日までにわかった。 「琉球新報」2021年2月13日付『【独自】部活での叱責原因か 高2男子...
「体罰」・対生徒暴力

北海道立高校生徒自殺訴訟、二審も請求棄却

北海道立高校1年だった男子生徒が2013年3月に自殺したのは、所属していた吹奏楽部での顧問教諭の不適切な指導が原因だとして、遺族が北海道を相手取り約8600万円の損害賠償を求めて訴えていた民事訴訟の控訴審判決が、2020年11月13日に札幌...
学校教育

愛知県一宮市立中学校生徒自殺訴訟、和解案提示

愛知県一宮市立浅井中学校3年だった男子生徒が2017年2月に自殺し、担任だった教諭の不適切言動が背後にあったとされる問題があった。この問題では、生徒の家族が一宮市を相手取り損害賠償を求める訴訟を起こしていたが、名古屋地裁一宮支部は2020年...
タイトルとURLをコピーしました