情報教育

スポンサーリンク
学校教育

教師が色覚障害を差別する発言、元生徒への損害賠償命じる:北海道立高校

 「北海道立高校に通っていた当時、教諭が授業中に色覚障害を差別する発言をおこなったことで精神的苦痛を受けた」として、北海道道央地域の道立高校に通っていた男子生徒が北海道を相手取って約100万円の損害賠償を求めて訴えた民事訴訟で、札幌地裁は6...
大学・高等教育

「阪大と統合」フェイクニュース広まる、大学公式が打ち消し:大教大

 大阪教育大学(大教大)が大阪大学(阪大)と統合するというフェイクニュースが広まり、大学側が打ち消す声明を出していたことが、6月2日までにわかった。  大教大で開講されたメディアリテラシーの授業の一環として、学生がフェイクニュースを作...
社会教育

「LINE」:SNS活用の新教材を開発

 「LINE」が保護者・教職員向けに、児童生徒がインターネット上の会員制交流サイト(SNS)を適切に使えるよう指導する新教材を開発したと報じられている。2018年2月にも公開し、PTAなどでの活用を促すという。  報道によると、教材の内容...
学校教育

高校教科「情報」の内容形骸化懸念する声

 高校の必修教科「情報」の授業内容の形骸化を懸念する記事が、「日経」電子版に掲載された。  2014年9月17日付「高校の「情報」科目、必修は名ばかり 簡単パソコン操作だけ」でリポートされている。  この記事によると、東京大学の新入生...
学校教育

タブレット端末、教材ダウンロードに支障:佐賀県立高校

 佐賀県立高校全36校では2014年度から、タブレット端末を利用した教育が始まった。しかし授業中に必要な教材がダウンロードできないトラブルが相次いでいたことがわかった。  タブレット端末は新入生全員に購入させたが、5万円の自己負担が問題...
教育行政

学校でのタブレット端末、費用負担で自治体対応分かれる

 各地の学校で、授業用としてタブレット型多機能端末を導入する動きが広がっている。一方で端末の費用負担については、自治体の対応が分かれていることが、2013年12月31日付の『読売新聞』で紹介されている。  佐賀県立高校に導入するタブレ...
学校教育

英語学習用DS、使用されずに校内で眠る:京都・八幡市

 京都府八幡市教育委員会が「英語学習用」として市立中学校4校に導入した携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」が、使用されなくなって眠ったままになっていると、『京都新聞』2013年12月28日付『DS、600台眠る 英語学習用・八幡の4中学導入』が...
学校教育

タブレット端末5万円自己負担?:佐賀県立高校

 佐賀県立高校で2014年度からすべての県立高校の新入生を対象に、1人1台のタブレット端末を活用した教育を開始する計画となっている。しかしその一方で、5万円以上もする端末を生徒の自己負担で購入させようとしていることがわかり、問題となっている...
スポンサーリンク