学校給食

スポンサーリンク
教育行政

学校給食費保護者負担軽減、8割の自治体で:文科省調査

文部科学省は2022年9月9日、全国で8割を超える自治体が学校給食費の保護者負担減に取り組んでいるとする調査結果を公表した。 新型コロナウイルス感染症対応として実施されている地方創生臨時交付金などを活用し、学校給食費の保護者負担軽減の...
学校教育

デリバリー弁当給食、生徒からの評価は分かれる:横浜市立中学校

横浜市では「デリバリー弁当」方式による選択制の中学校給食を導入し、2026年度をめどに、デリバリー方式での全員給食実施を目指している。 横浜市は2022年6~7月にかけて、市立中学校の生徒約1万3600人と保護者約8500人を抽出し、...
学校教育

「デリバリー弁当方式での中学校全員給食」を有力案として検討:横浜市

横浜市立中学校での給食について、「デリバリー弁当方式」での全員喫食制を目指す方向で調整していると、毎日新聞2022年6月15日(ウェブ版)『中学給食、全員実施は「デリバリー方式」 横浜市・中間報告で有力に』が報じている。 横浜市中学校給食...
学校教育

卒業祝いの給食「赤飯」、3月11日提供予定にクレームで差し替え:横浜市立小学校

横浜市立の一部の小学校で2021年、進級・卒業を祝って3月11日の学校給食で提供される予定だった赤飯のメニューが、直前になって急きょ別の献立と差し替えられたことが報道された。 3月11日は東日本大震災の発生日(2011年)でもあり、こ...
学校教育

給食費徴収業務「学校現場で対応」7割:文科省調査

文部科学省が実施した実態調査によると、学校給食の給食費徴収業務について、学校現場で対応しているところが7割にのぼることがわかった。2020年11月4日に文科省が調査結果を公表した。 文部科学省は教員の働き方改革の一環として、自治体の専...
学校教育

夏の授業期間中「パン1個と牛乳の簡易給食」予定、改善求める声:兵庫県西宮市

新型コロナウイルス問題での休校が長引いたことに伴い、従来の夏休みを短縮して授業をおこなうことになっている兵庫県西宮市では、元々夏休みを予定していた期間には簡易給食を提供することにしている。 しかしメニュー表を見た保護者からは「量が足り...
学校教育

簡易給食のパン持ち帰り容認、「量少ない」として自宅で昼食とる生徒増える:大阪市

大阪市立中学校では2020年6月1日~12日の分散登校期間中、パン1個と牛乳の簡易給食を提供している。 しかし生徒からは「量が少ない」と不満がでて、自宅で昼食をとる生徒が増えて給食の廃棄が増える問題が出た。このことを受けて大阪市教育委...
学校教育

学校再開・給食も再開、給食での事故続発:大阪市

大阪市立小中学校では2020年6月1日、新型コロナウイルスによって休校していた学校を再開した。 6月の前半2週間については、1クラスを出席番号などで班に分けて午前・午後の分散登校とする方式で、午前・午後それぞれ2~3コマの授業を実施す...
教育行政

大阪市、学校給食再開へ:「市長の独断で発表」による混乱も

松井一郎大阪市長は2020年5月21日、市立小中学校の給食を6月1日より再開すると発表した。 大阪市では5月25日より中学校3年・小学校6年を先行して授業再開し、6月1日より全学年の授業再開をおこなう。各学年・各クラスごと、クラス内で...
教育行政

全国一斉休校要請で混乱続く

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)対策として、安倍晋三首相が2020年2月27日夕方に「3月2日から春休みまでの全国一斉休校要請」を呼びかけてから、学校現場のみならず各所で混乱が続いている。 文部科学省関係者は一律の措置に...
タイトルとURLをコピーしました