大阪市

スポンサーリンク
教育行政

大阪市立の高校「大阪府への無償譲渡は不当」として住民監査請求

大阪市立の高等学校23校を2022年度に大阪府に移管する計画をめぐり、敷地など学校にかかる財産の一切を大阪府に無償譲渡するのは地方財政法に違反している・不当だとして、市民らが2021年7月30日、大阪市に対して譲渡の停止を求める住民監査請求...
教育行政

大阪市立の高校の府立移管、住民監査請求の動き:大阪市

Yahooニュース2021年6月18日付に『大阪市立の高校の大阪府への移管は「市民の財産を棄損」と住民監査請求へ』が掲載されている。 大阪市の廃止を策動し市の財産を奪ういわゆる「大阪都構想」に絡めて、「府と市が同種の施設を持つ...
教育行政

大阪市立小学校校長「提言書」問題、法律関係団体が「処分おこなうな」と要望書

大阪市での緊急事態宣言に伴う「一部オンライン授業」や学力テストの問題について、大阪市立小学校校長が実名で大阪市長あてに「提言書」を出した問題。この問題で、弁護士らでつくる「自由法曹団大阪支部」と、法学関係の研究者・弁護士などの法律関係の実務...
学校教育

大阪市立小中学校オンライン授業、4割が「接続不安定」:市教委調査

緊急事態宣言のもとで2021年4月下旬から5月中旬まで大阪市立小中学校で実施された「オンライン授業」の状況について、大阪市教育委員会が市立小中学校に対して実施した調査によると、約4割が「接続できたが不安定」として、通信環境に課題があったと訴...
教育行政

教育行政への提言書出した校長、市長・市教委の反応は:大阪市

大阪市での「一部オンライン授業」について、ある大阪市立小学校の校長が実名で、再考や教育行政の改善を求める提言書を、2021年5月17日付で松井一郎大阪市長と大阪市教育委員会宛に送付した。 このことは、マスコミ報道でも報じられている。 ...
学校教育

大阪市、オンライン授業やめ通常授業に戻す方針

松井一郎大阪市長は2021年5月17日、大阪市立小中学校での一部「オンライン授業」について、5月24日から通常授業に戻す方針を表明した。 学校の希望によっては、児童・生徒の体力低下が懸念されることでの「ならし期間」として、24日を待た...
学校教育

小中学校夏休み短縮検討「オンライン授業に伴う授業不足を補う」:大阪市

大阪市教育委員会が「オンライン授業に伴う授業時数不足を補う」として、市立小中学校の夏休みの短縮を検討していることがわかった。 松井一郎大阪市長は2021年5月12日の記者会見で、「学ぶ権利を確保するためには仕方がない」と述べたという。...
学校教育

「オンライン授業」延長、「復習中心で授業が進まない」などの状況:大阪市

緊急事態宣言が2021年5月31日まで延長されることを受け、大阪市立の小中学校では「オンライン授業」を5月末まで延長することを決めた。 大阪市での「オンライン授業」については、あちこちから問題が指摘されている。 NHKニ...
学校教育

「オンライン授業」学校や保護者から不評:大阪市

2021年4月25日より大阪府などを対象に実施されている緊急事態宣言に関連して、大阪市で「オンライン授業」をおこなうと大々的に宣伝したものの、学校現場や保護者からは不評だという声が相次いで聞かれている。 Yahooニュース20...
学校教育

バリアフリーが十分ではない:大阪府立支援学校の事例

大阪府立支援学校で、バリアフリー設備が十分ではないという指摘がされている。 産経新聞2021年4月23日「届かない蛇口、急傾斜のスロープ…遠いバリアフリー 大阪の支援学校」では、大阪府立東淀川支援学校の事例について紹介している。 ...
タイトルとURLをコピーしました