三重県

スポンサーリンク
いじめ問題

2018年の三重県立高校生徒自殺「いじめが原因」として遺族が提訴

三重県立高校1年の男子生徒が2018年8月に自殺した事件で、被害生徒の遺族が「自殺は部活動でのいじめが原因」「学校側の対応が不十分だった」として、三重県と加害元生徒4人を相手取り約7300万円の損害賠償を求めて津地裁に提訴していたことが、2...
学校教育

三重県立高校教諭の不適切発言問題、再調査へ

三重県立高校で2020年12月、教諭が3年の女子生徒に対して、この生徒の家族がPCR検査を受診したことを知り「お前が来たで、危ないからマスクするわ」と新型コロナウイルス問題への差別とも受け取れる発言をしたとされる問題。 ...
学校教育

三重県立高校教諭不適切発言疑惑、生徒は「お前が来たで、危ないからマスクする」といわれたと訴え

三重県立高校の教諭が、3年女子生徒に対して、家族に新型コロナウイルスのPCR検査を受けた人がいることを知り、そのことを踏まえて「お前が来たでマスクする」などと発言したとされる問題。 この問題では、三重県教育委員会が2020年1...
いじめ問題

新型コロナ、生徒に対して差別的と受け取れる発言:三重県立高校教諭

三重県立高校の教諭が生徒1人に対し、新型コロナウイルスに対する差別的な発言をおこなったと指摘されていることがわかった。被害生徒は学校への不信感から数日欠席したという。 事件は2020年10月2日に起きた。3年の生徒1人に進路指導をした...
いじめ問題

三重県立高校いじめ訴訟、和解へ

三重県教育委員会は9月15日の教育長定例記者会見で、三重県立高校に通っていた元生徒が起こしていたいじめ訴訟について被害元生徒側との和解に応じる方針を表明した。三重県議会に関連条例案を提出したのち、可決・承認を経て正式に和解が成立することにな...
未分類

「汚れを落とす」としてメラミンスポンジで児童の顔をこすりケガさせる事故続出

「汚れを落とす」としてメラミンスポンジで顔をこすり、子どもにケガをさせる事故が相次いで報じられている。 2019年6月には、京都市の認可保育園で、「3歳児がお絵かき中に水性マジックで顔に落書きをした。落とす」として、60代女性保育士が...
タイトルとURLをコピーしました