いじめ訴訟

スポンサーリンク
いじめ問題

新潟県新発田市立中学校いじめ自殺訴訟、市が争う姿勢

新潟県新発田市立中学校2年の男子生徒が2017年にいじめを苦にして自殺した問題で、「いじめが放置された。また学校・市教委は加害者とされる生徒の情報開示を拒否した」として両親が新発田市に対して約3000万円の損害賠償と加害生徒の氏名の開示を求...
いじめ問題

川崎市立小学校いじめ訴訟「いじめ対応不手際」認め市に賠償命じる判決

「学校で同級生からいじめを受け、学校側もいじめに加勢するような不適切対応をとったことで適応障害を発症した」として、川崎市立小学校6年だった女子児童が川崎市と加害児童の保護者を相手取り約330万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、横浜地裁川崎支部...
いじめ問題

兵庫県姫路市立中学校柔道部「いじめ隠蔽」訴訟、最高裁で口頭弁論

兵庫県姫路市立中学校の柔道部顧問だった男性教諭(依願退職)が、在任中に部内で発生したいじめ傷害事件で不適切な「いじめ隠し」行為をおこなったとして停職6ヶ月の懲戒処分を受けたことを不服として、兵庫県を相手取り、処分取り消しなどを求めて訴えた訴...
いじめ問題

大津いじめ訴訟:両親側が最高裁に上告

滋賀県大津市立中学校で2011年に発生したいじめ自殺事件の訴訟で、被害生徒側の両親が二審大阪高裁判決を不服として、2020年3月12日付で最高裁に上告した。 この問題では、一審大津地裁で2019年2月、いじめの事実関係、自殺との因果関...
いじめ問題

大津いじめ事件、大阪高裁で判決:賠償金大幅減額

滋賀県大津市立中学校2年だった男子生徒が2011年、同級生からのいじめを苦にして自殺した事件の訴訟で、大阪高裁は2020年2月27日、加害生徒2人に損害賠償を命じた一審大津地裁判決(2019年2月19日)を変更し、いじめは認定したものの過失...
いじめ問題

姫路市立中学校柔道部いじめ隠蔽:最高裁で弁論へ

兵庫県姫路市立中学校柔道部顧問だった元教諭(依願退職)が、部内でのいじめを隠蔽したなどとして停職6ヶ月の懲戒処分を受けたことを不服として兵庫県を相手取り処分の取り消しなどを求めていた訴訟で、最高裁第1小法廷は、上告審弁論を2020年3月19...
「体罰」・対生徒暴力

川口市いじめ訴訟:教員の「体罰」は「コミュニケーション」?

「埼玉県川口市立中学校に在学していた当時、所属していたサッカー部で部員からいじめを受け、またサッカー部顧問教諭からも暴力行為・『体罰』や不適切な言動があり、不登校に追い込まれた」として、被害に遭った元生徒が訴えている訴訟で、川口市側が顧問教...
いじめ問題

尼崎市立小学校いじめ事件:加害者側保護者を相手取り提訴

兵庫県尼崎市立小学校で2016年、当時3年だった女子児童が同級生から継続的ないじめを受けて不登校になるなどしたとして、被害児童(現在6年)と保護者が2020年2月7日、加害児童の保護者を相手取り、約500万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁...
いじめ問題

新潟県新発田市立中学校いじめ自殺:遺族が市を提訴

新潟県新発田市立中学校2年だった男子生徒が2017年6月に自殺した問題で、生徒の遺族は2020年1月24日、「学校側がいじめを放置した」「いじめ加害者の名前も遺族に開示されていない」として、新発田市に対して、約3000万円の損害賠償と加害者...
いじめ問題

「小学生時代のいじめでPTSD」いじめ認定し学校側の隠蔽認める判決:東京高裁

「東京都府中市立小学校在学中にいじめを受けたが、学校側に被害を訴えても対応されず、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症した」として、被害に遭った女性(現在20代)が府中市などを相手取って訴えた訴訟で、東京高裁は2020年1月22日、当時...
タイトルとURLをコピーしました