いじめ訴訟

スポンサーリンク
いじめ問題

名古屋市中1いじめ自殺訴訟、市は請求棄却求める

名古屋市立中学校1年だった女子生徒が2018年1月、所属していた部活動でのいじめを苦にして自殺した事件で、「学校がいじめに対して適切に対応しなかった」として両親が名古屋市を相手取って約1500万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が、2...
いじめ問題

熊本県立高校いじめ自殺訴訟、加害生徒側が和解を申し入れ

熊本県立高校3年だった女子生徒が2018年5月に自殺し、背後に同級生からのいじめがあったとして、遺族が加害者とされた元同級生4人を相手取り損害賠償を求めていた民事訴訟で、すでに和解が成立している1人を除く3人から遺族側に和解の申し入れがあっ...
いじめ問題

熊本県八代市いじめ不登校訴訟、福岡高裁で和解へ

「中学校在学中に受けたいじめで不登校になった。学校側がいじめを見逃し、対応が十分ではなかった」として、熊本県八代市立中学校に通っていた元男子生徒が八代市を相手取って約330万円の損害賠償を求めて訴えた訴訟で、八代市は2022年9月7日までに...
いじめ問題

大阪府八尾市小学生いじめ、民事調停が成立:大阪地裁

「大阪府八尾市立小学校4年だった2017年、同級生から暴言や暴力などのいじめを受けて骨折などのケガを負い、その後精神的症状を発症して不登校状態になった」として、被害に遭った女子児童(2022年時点では中学校3年)が加害児童側と八尾市を相手取...
いじめ問題

東京都立高校いじめ自殺訴訟、いじめ認めず請求棄却

東京都立小山台高校(東京都品川区)1年だった男子生徒が2015年9月に自殺した問題で、「学校でいじめがあり、学校側はいじめを把握しながら対応しなかった」として遺族側が東京都を相手取り約9300万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、東京地裁は20...
いじめ問題

新潟県新発田市いじめ自殺訴訟、請求棄却

新潟県新発田市立中学校2年だった男子生徒が2017年に自殺し、いじめがあったと指摘された問題。この問題について遺族が、「学校側の対応は不適切だった」「いじめ加害生徒の氏名が開示されていないのはおかしい」として、新発田市を相手取り約3000万...
いじめ問題

いじめ事件「その後」の対応、謝罪拒否などは「再発防止につながらない」と訴え

読売新聞2022年4月22日付(ウェブ版)に『いじめで高3自殺、賠償命じられても学校は謝罪せず…遺族「再発防止につながらない」 』が掲載されている。 福岡県太宰府市の私立高校3年だった男子生徒が2013年に自殺した事件があった。 ...
いじめ問題

2018年の熊本県立高校いじめ自殺事件、「週刊文春」が詳細を取材

2018年5月に熊本県北部の熊本県立高校で、当時3年の女子生徒が自殺した事件。背後にいじめがあったと県の第三者委員会で指摘され、遺族は加害生徒らを相手取り訴訟を起こして係争中となっている。 このいじめ事件について、「週刊文春」(ウェブ...
いじめ問題

「野球部でいじめ、退学余儀なくされた」として元生徒が提訴:愛知県の私立高校

愛知県の私立豊川高校に入学した男子生徒が「所属していた野球部で、部内いじめを受けて退学を余儀なくされた」「学校はいじめに対応しなかったことで精神的苦痛を受けた」として、同校を運営する学校法人を相手取り約210万円の損害賠償を求める訴訟を名古...
いじめ問題

鹿児島県立高校いじめ自殺訴訟、県が請求棄却求める

鹿児島県立武岡台高校(鹿児島市)1年だった男子生徒が2014年に自殺し、学校でのいじめが自殺の要因となったと指摘された問題。この問題で遺族が「学校側の対応に問題があった」として、鹿児島県を相手取り約4500万円の損害賠償を求めて提訴し、鹿児...
タイトルとURLをコピーしました