「体罰」訴訟

スポンサーリンク
「体罰」・対生徒暴力

「山海留学」で里親から「体罰」・虐待 被害者が提訴:鹿児島・屋久島町

 鹿児島県屋久島町立小中学校が実施している「山海留学」で、関西からの児童が里親から暴力・「体罰」を受けてPTSDになったなどとして、屋久島町と里親を相手取り、約240万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴していたことがわかった。 事件概...
学校教育

小学校プールでの不適切指導で難聴の後遺症、被害元児童が市を提訴:広島・福山市

 小学校3年だった2003年、体育の水泳の授業で男性教諭からプールに沈められ難聴などを発症したとして、当時広島県福山市立小学校に通っていた女性(23歳)が福山市を相手取り、約2000万円の損害賠償を求めて広島地裁福山支部に提訴していたことが...
「体罰」・対生徒暴力

高校相撲部の顧問教諭が暴力、生徒が提訴:岩手県

 岩手県立高校で、相撲部の顧問教諭から暴力や暴言を受けたとして、相撲部員の男子生徒が県を相手取り、約220万円の損害賠償を求める訴訟を盛岡地裁に起こしていたことがわかった。  提訴は2018年5月31日付。第1回口頭弁論は7月19日の...
「体罰」・対生徒暴力

部活動での暴力、保護者らの「復帰」要望背景に暴力教師が指導に復帰

 朝日新聞2018年5月10日付が『体罰顧問、部活に復帰 「成績」求める保護者会が要望』を配信している。  記事によると、鹿児島県立川内商工高校(薩摩川内市)で、バレーボール部の元部員が顧問教諭から「体罰」・暴行を受けたと訴え、民事訴訟に...
「体罰」・対生徒暴力

大阪市立中学校サッカー部「体罰」傷害訴訟:元顧問教諭の暴力行為認める判決

 大阪市立港中学校(港区)に通っていた元生徒の男性(17)が2015年4月、所属していたサッカー部で顧問教諭から暴行を受け顔面骨折などのケガを負ったとして大阪市に約330万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は2月28日、大阪市に対して慰謝...
「体罰」・対生徒暴力

大阪市、「体罰」処分厳格化

 大阪市教育委員会は12月9日、児童・生徒への「体罰」について、処分を厳格化する方針を決めた。  新しい基準では、生徒に非がある場合・ない場合に分け、非がある場合は校長注意から減給1ヶ月までの5段階、「部活動中のプレーミス」など生徒に非...
「体罰」・対生徒暴力

柔道部「体罰」・不適切指導訴訟が和解:東京の私立中学校

 東京都武蔵野市の私立藤村女子中学校の柔道部員だった当時、「体罰」や不適切指導でケガをしたなどとして元生徒が学校側を訴えていた訴訟が、東京地裁立川支部で和解していたことがわかった。  和解は2014年5月8日付。学校側は不適切指導を認め...
スポンサーリンク