生徒への暴力で野球部監督逮捕:愛知の私立高校

 愛知県豊田市の私立豊田大谷高校の野球部で2013年夏、指導中に部員の生徒に暴力を加えてケガをさせたとして、愛知県警は7月31日、同校職員で野球部監督の容疑者(35)を傷害容疑で逮捕したと発表した。

 2013年7月19日の同校グラウンドでの練習中、男子部員の顔や頭を殴ったり、腹や腹部を足蹴りにしたという。被害生徒は肋骨骨折などのケガを負った。

 生徒側が警察に被害を相談したという。

 現時点では報道されている内容以上の事実関係はわからないものの、報道通りだとすれば極めて悪質な暴力であり、「指導」には値しない行為である。刑事事件としても厳しく処分されるべきではないだろうか。

(参考)
◎豊田大谷高の野球部監督逮捕 部員に重傷を負わせた疑い(朝日新聞 2014/7/31)