専修学校に授業料減免措置検討:文科省

 政府が専修学校の学生に対し、授業料減免などの措置を検討していることが新聞報道された。

 読売新聞web版2014年5月3日配信『専修学校生66万人、授業料減免へ…政府検討』によると、2015年度予算の概算要求に関連予算を計上する方向だという。

 対象は全国の専修学校専門課程(専門学校)約3200校・約66万人となっている。中学校卒業者が入学できる専修学校高等課程(高等専修学校)の生徒に対しては、高校授業料無償化政策にあわせてすでに無償化の対象になっている。

 専修学校にも授業料減免制度を広げることで、学びたい学生が安心して学べる環境づくりへとと少しでも進むことが望まれる。また同時に、給付金奨学金制度導入などの対策もあわせて実現していくべきではないだろうか。