実教出版教科書、兵庫県でも「教委の指導」条件で採択

 兵庫県教育委員会は9月5日、県立高校で2014年度より使用する教科書を採択した。日の丸・君が代について「一部の自治体で強制の動きがある」とする記述がある、実教出版の『高校日本史A』を希望する学校が10校あり、「入学式・卒業式での日の丸掲揚・君が代斉唱は適切と指導すること」という指導事項を通知することを条件に、採択が認められた。

 同社の日本史B教科書にも同様の記述があるが、日本史B科目については同社教科書の採択希望はなかった。

 実教出版の日本史教科書をめぐっては、各地で採択妨害の動きが進んでいる。東京都や神奈川県では希望した学校に対して教育委員会が圧力をかけ、採択希望を事前に撤回させている。大阪府では教育委員会が「記述は一面的」とする見解を出した。また大阪府や埼玉県では、右派議員が教育委員会に対し、同社教科書を採択しないよう求める申し入れをおこなった。

 兵庫県教委では従来、教科書採択は教育長の専決事項として、学校側からの希望をそのまま追認してきた。しかし今回の教科書採択では、教育委員会会議での審議事項に変更されている。

 この変更については、他都道府県の動きを踏まえたとされている。一方で、他県を口実にした実教出版外しの動きではないかという気もする。

 実教出版を使用する学校への指導通知の原案が教委事務局から出された際には、「ここまで書く必要があるのか」と疑問意見も出たという。一方で「むしろ先生たちが困らないように方向性を示す方が親切」との意見も出されて承認された。

 そもそも、「特定の教科書の記述が教委の方針と異なる」という理由で、このような通知を出す事自体が、異常なことであり前代未聞であるといえる。埼玉県や大阪府でも同様の通知を条件に採択が認められたが、本来ならば不要な通知である。

 教育委員会が特定の方向への政治的介入や誘導を図っているとしか思えない。

(参考)
◎兵庫県教育委 14年度、県立校の教科書採択(神戸新聞 2013/9/5)
◎実教出版の日本史教科書 兵庫県教委が「指導付き」採択(朝日新聞 2013/9/6)