大津いじめ事件から11年

スポンサーリンク

滋賀県大津市立中学校に通っていた当時2年の男子生徒が2011年10月11日、同級生からのいじめを苦にして自殺した事件があった。

この事件から11年となる2022年10月11日、生徒の通っていた中学校では「命を思う集い」を開催した。コロナ禍のために全校集会形式は取りやめたものの、各教室に分かれて、生徒への黙祷や、生命の大切さについての学習成果をまとめた映像の視聴などをおこなった。

また大津市役所でも、教育長以下職員が市役所の一室に集まり、黙祷をおこなった。

事件の経過

生徒は2011年度、同級生複数名から悪質ないじめを繰り返し受け、2011年10月11日に自殺した。

大津市立皇子山中学校いじめ自殺事件
滋賀県大津市立皇子山中学校2年だった男子生徒が2011年10月11日に自殺した事件。背景に激しいいじめと、加害者側の事件正当化と居直り、学校や教育委員会ぐるみでの事件隠蔽などが指摘された。この事件によって、いじめ防止対策推進法が制定されるき

自殺事案や生徒の遺族側が訴訟を起こしたことなどについては、当初は、新聞記事でも最小限の事実関係のみを短文で報じる扱いだった。しかし2012年7月になり、いじめの態様が報じられたこと、また教育委員会の対応の問題点が報じられ、重大事件として連日大きく報道されるに至った。

この事案をきっかけに、「いじめ防止対策推進法」の制定につながった。

生徒の遺族側が起こした訴訟では、一審では遺族側の主張がほぼ全面的に認められたものの、二審では引き続きいじめの事実自体は認定されたものの賠償額が大幅に減額され、最終的には最高裁で二審判決が確定した。

この事件では、いじめそのものの態様も極めて悪質だったと指摘されている。それに加えて、学校・教育委員会の対応に問題があったことや、加害者とされた生徒側の居直りととれるような対応も問題になっていた。

事件の教訓を忘れてはいけない。事件を風化させず、今後同種の事件を未然に防ぐ、いじめ事案そのものは防げないのかもしれないが仮に起きても早期に解決させるなどの手立てを取っていく対応が必要になってくる。

またこれは当該校や当該地域だけの問題ではない。この11年でも、いじめ事案が、報道されたものだけでも多く発生している。報道されたものもそうでないものでも、それぞれのいじめ事案について、認知次第適切な対応を取っていかなければならない。加害者の居直りや、学校・教育委員会などのもみ消し策動などは許してはいけない。

タイトルとURLをコピーしました