地域の生徒急増、住民から県立高校新設要望:茨城県つくば市

スポンサーリンク

茨城県つくば市では、住民から県立高校の新設を求める声が高まっているという。茨城新聞2022年10月8日付(ウェブ版)『茨城県立高新設 待望の声 市民ら署名活動 「選択肢少ない」』が報じている。

記事によると、茨城県つくば市では、つくばエクスプレス開業などによる住宅開発により、子育て世帯が増加の傾向にある。これに伴い市内の子どもも急増し、今後も急増の見通しになっている。2021年時点では市全体で2000人強いる中学校3年の生徒は、2030年度には推計で、2700人以上に増加すると見込まれている。

しかしその一方で、市内の県立高校の受け皿は少ないという。市内の県立高校は、普通科系・工業科系・定時制課程を含めて計4校あるが、学年定員は計760人にとどまっている。

市内の生徒数に対して市内の県立高校定員が3分の1ほどしかないことで、市外や私立の高校に通学することになるなどして、遠距離通学や、通学定期代などの家計負担の問題が生じるとされる。

高校新設を求める住民らは、身近な場所で進学できる選択肢を増やすことが重要だと訴え、署名活動をおこなっている、つくば市は、茨城県への高校新設予算要望を盛り込んだ。

一方で茨城県は、つくば市周辺での生徒数急増や受け皿不足への対策を認識して、市内や近隣の通学圏にあたる地域の学校での定員増を検討するなどしている。その一方で、県全体としてみれば少子化で生徒数が減少する傾向でもある、つくば市周辺にだけに予算を取りにくいなどとして、高校新設には否定的で、状況を見極めるという見解にとどまっている。

住民らは、定員増だけでは急増する生徒を受け入れきれないのではないかと疑念を示しているという。

国全体および都道府県全体としては、確かに、少子化や児童生徒数減少の傾向が進んでいる。とはいえども、特定の市や地域という単位でもみると、住宅開発などの要因により、地域の子育て世代急増などの状況も生まれていることもある。それに伴い、当該地域では学校の過密化や新設の要望・検討などの問題も生じることになる。

学校の過密化や、高校の場合は卒業生数に対して定員枠が著しく少なくなるなどの課題については、それも個別の生徒にとっては重大な問題であり、必要な対応を取っていく必要がある。高校新設の選択肢についても検討すべき案件だと考えられる。

タイトルとURLをコピーしました