旭川いじめ凍死事件の第三者委員会報告書提出、遺族側は再調査求める

スポンサーリンク

北海道旭川市立中学校2年だった女子生徒が2021年3月に死亡しているのが見つかった事件を調査していた、旭川市教育委員会の第三者委員会は2022年9月12日、最終報告書を教育委員会に提出した。

最終報告書の調査内容は現時点では公表されていないが、マスコミの関係者への取材によると、「学校や市教委は、重大事態として対応すべきだった」「生徒が失踪直前に『今日死のうと思う』などとするメッセージを送信していたことなどから、生徒の死亡は自殺と考えられる」と指摘しているとされる。

一方で遺族側は、「いじめ防止対策推進法で定めた本人の『心身の苦痛』をもとにした検証をおこなっていない。いじめの解釈が狭められ、いじめが十分に認定されていない」『いじめと自殺との因果関係が明記されていない』などとして、再調査を求める意向を示している。

調査の詳細について公表されていないとはいえども、状況からは、内容が十分ではないのではないかとも推測される。再調査も視野に入れて、必要な対応をすべきだとも考えられる。

タイトルとURLをコピーしました