教員からの「言葉の暴力」被害訴えが増加:千葉市調査

スポンサーリンク

千葉市は市立小中学校・特別支援学校の児童・生徒に対して、教員から暴力行為・いわゆる「体罰」やセクハラを受けたことがあるかどうかを調査するアンケートを実施し、このほど2021年度の結果を公表した。

概略を、東京新聞2022年9月3日『「言葉の暴力」1.5倍に 千葉市21年度調査 児童生徒への体罰・セクハラ』が報じている。

いわゆる「体罰」は2件(小中学校で1件ずつ)が確認され、前年度と同数となった。

セクハラについては35件(前年度44件)が確認され、身体を触られた、要旨を話題にされたなどの内容があったとしている。

教員による能力や人格の否定などの「言葉の暴力」については265件あり、前年度の175件と比べて1.5倍に増加している。実際に自分が受けたとするのが140件、周囲でそのようなものを目撃したとするのが125件あった。

物理的な暴力ではなくても、精神的な対応で児童・生徒を傷つけるような「言葉の暴力」についても、あってはならないことであり、そのようなことを未然に防ぐような対応が求められている。

タイトルとURLをコピーしました