「いじめでケガ、不登校」、仙台市が「重大事態」認定へ

スポンサーリンク

仙台市立小学校1年の男子児童が2021年12月、同級生8人から集団暴行いじめを受け、登校できない状態になっていることがわかった。仙台市教育委員会は2022年3月15日までに、当該事案をいじめ防止対策推進法で定める「重大事態」として認定し、調査する方針を固めた。

事件の経過

読売新聞2022年3月15日付『小1男児、トイレに連れられ児童8人から殴られ蹴られる…学校側は保護者に「ポピュラーな遊び」 』によると、事件の経過は大筋で以下のようになっている様子。

当該児童は2021年12月15日、昼休みに同級生8人にトイレに連れ込まれ、肩や背中などを殴られたり蹴られるなどした。病院では全身打撲・急性ストレス反応疑いと診断され、翌日から登校できない状態になったという。

学校側は事件について「ポピュラーな遊びだった」「加害者側もたたかれた」などとして、いじめを認めなかったという。保護者が仙台市教育委員会に訴え出た。

学校側は取材に対して「個別の案件には答えられない」と話したという。

記事で指摘されている内容通りなら、いじめの対応としては一番してはいけないレベルともいうべきレベルの行為である。ケガをするほど殴られて「遊びだ」などとするなど、ありえない。

事件の経過をていねいに調査した上で、必要な対応が速やかに取られることを願う。

タイトルとURLをコピーしました