不登校児童を担任教師が無理やり学校に連れ出す:愛知・半田市

愛知県半田市立小学校の女性教諭が、不登校気味の児童を自宅から無理やり引っ張り出すなどの不適切指導をしていたことが報じられた。

事件は2020年12月に起きた。担任だった当該教諭が児童の自宅を訪問し、自宅に上がり込んで児童を力ずくで無理やり引きずり出して学校に連れて行くなどした。

当時児童の姉が在宅していて、目撃した姉が両親に連絡し、父親から学校に連絡して発覚した。直後に児童は自宅に帰されたという。

不登校については、不登校を生み出すような要因を見極めて改善を図っていくことが重要である。それをせずに、無理やり引きずり出しても逆効果どころか、状況をこじらせることにもつながりかねない。このような腕ずくでの「指導」は不適切というべきものであろう。

タイトルとURLをコピーしました