校則で「ほかのクラスへの出入り禁止・制限」:札幌市立中学校

札幌市立中学校および中等教育学校96校のうち少なくとも48校で、休み時間などの間にほかのクラスに出入りすることを校則で禁止したり制限していることが、2021年4月18日までにわかった。

札幌市への情報公開請求があり、共同通信2021年4月18日配信『札幌市立中で他クラス出入り禁止 専門家、不合理と指摘』が報じている。

札幌市立中で他クラス出入り禁止 専門家、不合理と指摘 | 共同通信
札幌市立の中学校・中等教育学校全98校のうち、休み時間や授業の合間に他のクラスへの出入りを校則などで...

報道によると、学校側はトラブル防止やクラスへの帰属意識を理由に挙げたとしている。一方でこのような校則は合理的ではないとも批判されている。

このような校則は、生徒間の交流を制限したりすることにもつながりかねず、またクラスに溶け込めない生徒への配慮という意味でも疑問で、合理的とはいえないのではないかとも感じる。再検討の必要があるのではないか。

タイトルとURLをコピーしました