「ブラック校則」福岡県での状況

福岡県で「ブラック校則」による不適切な生徒指導で不登校に追い込まれた生徒がいると、2021年4月5日のテレビ西日本のニュースおよび全国ニュースのFNNニュースで配信されている。

「シャツの胸を開けて下着チェック」“ブラック校則” で人権侵害 不登校になった女子生徒も【福岡発】
中学を卒業した女子生徒:体操服を着ている時に、ボーダーとか柄が付いてるのを着てる子は、透けてるから気をつけたほうがいいよ、みたいなのはありました。(ほかの学校では)下着の色を先生がチェックするとかは聞いたことあります福岡市内の中学校を、2021年3月に卒業した女子生徒。学校生活を送る中で「おかしい」と感じていたのは、「...

同ニュース『「シャツの胸を開けて下着チェック」”ブラック校則” で人権侵害 不登校になった女子生徒も』によると、福岡県内の学校での校則指導の状況について取材した様子を紹介している。

下着チェックとして、胸元をはだけることを強要されたり、違反者は脱がされるなどの状況が告発されている。下着のチェックで不登校に追い込まれた女子生徒がいるという話も紹介されている。

また髪型指導についても、生徒が「ツーブロック禁止」の根拠を問い合わせると、「ツーブロックがいけないのは、政府がそう言っている」という苦し紛れとも取れるようなとんちんかんな返答が返ってきたという証言が紹介されている。

このような校則指導は、生徒を苦しめることになる。人権侵害になっている。また教師にとっても、理由や必要性をまともに説明できないような業務を押しつけられているということにもなっている。

このような「ブラック校則」、できるだけ速くなくしていかなければならない。

タイトルとURLをコピーしました