部活動下級生への盗撮・強要で高校生逮捕:兵庫県立高校

「所属する運動部の部活動で下級生へのいじめ行為をおこない、盗撮した写真をネット上にアップすると脅して雑用などをさせた」として、兵庫県警垂水署は2021年3月3日、兵庫県立高校2年の男子生徒を兵庫県迷惑防止条例違反と強要の容疑で逮捕した。

報道によると、逮捕容疑は2021年1月下旬、トイレで用を足している下級生を盗撮した上で、数日後に当該の下級生を校内食堂に呼び出し、「インスタグラムに画像を投稿する」と脅して食器の片付けなどの雑用を強要したとされる。

加害生徒はそれ以前から日常的に、部活動や学校の日常生活で、下級生に雑用を押しつけるなどの行為を繰り返していたともされる。

被害生徒は2月上旬に学校側に被害を訴えた。しかし学校側の対応が十分ではないと判断して、警察に被害届を提出していた。

兵庫県教育委員会は「いじめとして対応する。ほかの事案があったかどうかについても調査する」としている。

現時点では報道の範囲以上のことはわからないとはいえども、報道された内容の範囲だけでも、かなり悪質な行為が横行していたことがうかがわれるということになる。刑事事件としての処理の動向とともに、学校側としても独自に調査をおこない、必要な対応を適宜取っていくことが必要になる。

タイトルとURLをコピーしました