埼玉県桶川市「教師の不適切指導で不登校」訴訟、和解が成立

埼玉県桶川市立中学校1年だった男子生徒が、担任教諭から事実誤認で一方的に叱責されて体調を崩し不登校に追い込まれたとして、当該元生徒が桶川市を相手取り約300万円の損害賠償を求めた訴訟が、さいたま地裁で和解していたことが報じられた。

和解は2020年7月1日付。市が元生徒側に和解金約60万円を支払い、市が元生徒側に対して精神的苦痛を与えたことを謝罪する内容だという。

事件の経過

報道によると、事件は2016年4月に起きた。

当該生徒は同級生にトイレの個室に連れ込まれるなどした。脱出しようとした際、担任教諭が「トイレをのぞき見しようとした」と誤認し、この生徒のみを一方的に叱責するなどした。同級生への指導はなかったという。

さらに担任教諭はこの生徒に対して、休み時間中の離席を禁じたり、3日間の居残り清掃を命じるなどした。

生徒はその後、ストレスで過敏性腸症候群などを発症して不登校に追い込まれた。

生徒は3年に進級した2018年4月、桶川市を相手取り提訴した。

休み時間中に教師から離席禁止命じられて苦痛受けたと提訴:埼玉県の中学校
 埼玉県桶川市立桶川西中学校の男子生徒が、担任教諭から休み時間中の離席や友人との私語を禁止され、ストレスで過敏性腸症候群などになり精神的苦痛を受けた、教諭の行為は「体罰」にあたるとして、市を相手取り提訴していたことがわかった。 事件概...

地裁での和解勧告では「担任教諭に誤って決め付けられ、不当に居残り掃除などをさせられたと認められる」として、担任教諭の不適切行為を指摘した。

和解に至ったのは一つの到達点ではある。生徒側は「義務教育の機会を奪われたことを考えると和解金には納得できないが、不登校の問題が学校に責任があるということを知ってもらう意義は大きい」(生徒の母親)としているという。

誤った「指導」によって生徒を傷つけ、不登校に追い込んだということは、極めて重大なことである。このような問題を再び起こさせないよう、生徒指導のあり方についてはよりよい方策を常に考えていく必要がある。

(参考)
◎のぞき見していた…担任教員が思い込みで注意 不登校になった元生徒、桶川市と和解 市教委はコメントせず(埼玉新聞 2020/9/5)