オンライン授業広がる:著作権法改正前倒しへ

スポンサーリンク

新型コロナウイルス問題に伴う休校が新年度にもずれ込むことに伴い、大学ではネットを通じたオンライン配信での授業に切り替えるところもでている。

三重大学では前期の授業をすべてオンライン配信で実施し、また大阪大学でも4月分の授業はオンライン配信するという。

また小中高校でも、オンラインでの授業を試みる取り組みも各地で検討されているという。

その際に現行の著作権法では、文学作品や教科書の図表などについて教室での授業では示せても、オンラインでは著作権者の個別の許諾が必要になるという課題が浮き彫りになっている。この問題について文化庁は、かねてから構想していた改正著作権法の施行を前倒しし、オンライン授業で使う教材等については著作権者の許諾を不要とできるように法改正をおこなうことを決めた。

また著作権者側の補償金の受け取りや分配の窓口となる「授業目的公衆送信補償金等管理協会」では、2020年度については、作品などを使用した際に著作権者側に支払われる補償金を無償にする特例を決めた。

これらの措置により、オンライン授業を進める法的条件がより進んだことになる。

新型コロナウイルスの問題は収束に至っていない。学校についても当面休校の方針を決めたところが多く、オンライン授業などで補う場合も多々出てくることにはなる。法的な課題が取り除かれたという意味では、歓迎できることではある。