香川県議会「ゲーム規制条例」成立

香川県議会は2020年3月18日、ネット・ゲーム依存症対策として、子どものゲームの利用時間の目安を平日1日60分・休日1日90分とするなどの「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」(ゲーム規制条例)を可決した。2020年4月からの施行となる。

自民党県政会・公明党が賛成した。一方で自民党議員会・共産党が反対した。会派「リベラル香川」は「パブリックコメントの詳細な内容を把握していない以上、賛否の判断はできない」として退席した。

この条例案については、児童の家庭生活に公が干渉・介入しているとして、強い懸念が示されていた。また県議会ではパブリックコメントをおこなったものの、詳細な結果が公表されていないことも問題視されてきた。

こんな条例、とんでもないものではないか。強い危惧と恐怖感を感じる。