名古屋市名東区中学生自殺、再調査委員会初会合は3月14日

名古屋市名東区で2018年1月、名古屋市立神丘中学校1年だった女子生徒が自殺した問題で、名古屋市が第三者による再調査委員会を設置し、3月14日に初会合を開く予定だと発表した。

生徒は自殺時、遺書などは残していなかった。一方でこの事案は、自殺した女子生徒がいじめを受けていたのではないかと指摘されていた。

この生徒へは、所属していたソフトテニス部で悪口を言われるなどのいじめがあったとされている。複数の生徒が「この生徒へのいじめを見聞きした」と目撃情報を訴えた。中にはいじめ加害者とされる生徒の名前を実名で名指ししての訴えもあったとされる。

女子中学生の飛び降り自殺をいじめと認めぬ、名古屋市の深い闇 - まぐまぐニュース!
2018年1月に名古屋市で起きた女子中生自殺事件を巡り、その原因をいじめと認めなかった「名古屋市いじめ対策検討会議」の調査結果を不服とした遺族が、同市の河村市長に対して再調査を求めたことが、各メディアで大々的に報じられま…
「娘の中では激動なことが起きていたのではないか」 合宿の集合場所には行かずに…父親の告白 〜名古屋市女子中学生自殺
2018年1月5日、愛知県名古屋市名東区のマンション9階から、同市立中学校の女子生徒・真美(仮名、当時13)が転落し、死亡した。愛知県警は自殺と判断した。名古屋市教育委員会は遺族の求めに応じ、「いじめの重大事態」として、調査委員会「名古屋市いじめ対策検討会議」

しかし調査委員会では2019年4月、「いじめは認められない」と結論づけていた。

名古屋市立中学校1年女子生徒自殺、第三者委員会「いじめ」認めず
名古屋市名東区の名古屋市立中学校1年の女子生徒が2018年1月に自殺した問題で、この問題を調査していた名古屋市教育委員会の第三者委員会が「心身の苦痛を感じるいじめ行為があったとは認められない」とする答申書をまとめていたことが、4月14日まで...

生徒の家族は再調査を要望し、名古屋市が市長部局での再調査委員会設置を決めていた。

名古屋市名東区中1いじめ自殺、市が再調査委員会設置へ
名古屋市は2019年9月3日、同市名東区で2018年1月に市立中学校1年(当時)の女子生徒が自殺した問題について再調査委員会を設置する条例を、9月10日開会の市会9月定例会に提案する方針を明らかにした、 この生徒の自殺では、所属してい...

いじめを強くうかがわせるような情報が出てきているというのは、極めて重大なことである。それらの情報についても適切な再調査が望まれる。

(参考)
◎13歳女子中学生が自殺…第三者委では「いじめ認められず」 遺族が求めてきた再調査委を市が開催へ(東海テレビ 2020/3/11)