いじめ防止授業での講師発言「いじめ誘発」?:滋賀県大津市

 滋賀県大津市立小学校で2019年11月に実施されたいじめ防止授業で、外部講師として講演した弁護士の発言に対して、「不適切ではないか」と疑問が呈され、当該小学校が経過を説明する文書を保護者に配布する方向で調整していると、共同通信が配信している。

 共同通信2019年12月23日配信『「この中にも同性愛者がいる」 いじめ防止授業で講師の弁護士』によると、高学年児童を対象とした「いじめと人権」がテーマの講演で、講師の弁護士が「100人に1人が同性愛者なので、この中にもいる」と発言したとされる。

 このことが「当事者捜しを誘発し、いじめにつながる懸念がある」「性の多様性は小学生には簡単に理解しにくい」などとして、疑問視する指摘があがった様子。

 果たして、問題視されるような発言なのか。

 弁護士はおそらく、「この中にもいる可能性があるという計算になる」というニュアンスで発言したのだろうと推測される。

 「当事者捜しを誘発」「いじめにつながる懸念」「性の多様性は小学生には簡単に理解しにくい」などと扱うのは、それこそ、性的マイノリティへの偏見であり、小学生の理解力を見くびった偏見ではないかと感じる。

 過去にも、性の問題などについて学校教育の場で扱った際、それ自体は特に問題がない発言や授業実践にもかかわらず、大人の側に古い時代の偏見が根強い場合も多いのか、問題扱いでゆがめて伝えられたことはよくあった。今回も、そのたぐいではないかとも感じる。