初任者指導担当の教員が児童に暴行・負傷させる:兵庫・姫路市

 兵庫県姫路市立小学校で初任者指導を担当する50代男性教諭が、授業立ち会いの際に男子児童に逆上して暴力を加えケガを負わせていたことがわかった。被害児童は登校できない状態になっている。

 報道によると、事件は2019年11月29日に発生した。

 初任者指導担当で、新任教員の在籍する複数小学校を巡回しているこの教諭は同日、3年生の道徳の授業に立ち会うことになった。

 その際に「ある女子児童の姿勢を正す」として女子児童の体に触れた。その際に別の男子児童が「(当該女子児童が)嫌がっているやん」と苦情を出した。

 教諭はこれに逆上し、この児童を廊下に連れ出して顔を両手で引きずるなどした。当該児童は頸椎捻挫や首の打撲などのケガを負った。

 当該教諭は事件以降初任者指導には携わらず、所属校の職員室で内勤となっている。

 こんなものは感情的になっての暴力行為でしかなく、指導でもなんでもない。決して許されることではない。