教員暴行事件受け「校長や市教委幹部のボーナス増額凍結」:神戸市

 神戸市立東須磨小学校での同僚教員への暴力・パワハラ事件に関連して、神戸市会は12月4日、市立学校校長・事務長や市教委幹部職員のボーナス(期末・勤勉手当)増額を見送る議案を可決した。

 神戸市では人事委員会勧告を受け、ボーナスを前年比で0.05ヶ月分増額することを決めていた。校長や市教委幹部職員については勧告を受けて増額を計画していた部分を凍結することになる。約320人が対象となり、総額は1000万円分になるとされる。

 一般の教職員・市教委職員については予定通り増額するとしている。

 またずれた対応をしているという印象を受ける。無関係な人にまで無差別に連帯責任では、問題解決の本質には迫れないのではないかと感じる。