現金20万円恐喝いじめ発覚:名古屋市立小学校

 名古屋市立小学校5年の男子児童が同級生から計約20万円を脅し取られていたとして、名古屋市教育委員会はいじめにあたるとしていたことが、12月2日までにわかった。

 報道によると、現金の要求は2019年8月頃から始まった。同級生数人から「金を持ってこないと仲間はずれにする」と脅され、家族の貯金箱から約3000円を抜き出して渡した。金銭要求は連日のように続き、約1ヶ月にわたって計20万円を脅し取られた。

 脅し取った金は、ゲームセンターの代金や、スマートフォンのプリベイドカードなどに使われたという。

 2019年10月に被害者の保護者から学校に被害申告があり、状況が発覚した。学校は重大事態の可能性があるとして、名古屋市教育委員会に報告した。

 名古屋市教育委員会で調査をおこなったところ、加害児童側が事実を認めて謝罪したことなどとして重大事態とは認定しなかったものの、いじめにあたると判断した。

追記:名古屋市教委は12月2日夜、当該いじめ案件は「重大事態に該当する」と認定したことを発表。また児童が脅し取られた金額についても、当初の「約20万円」から、「10万円~20万円前後とみられる」と幅をもたせた表現にした。

 現金の要求額も多く、極めて深刻な内容である。いじめに該当する案件であり、被害児童側へのケア、加害児童への適切な指導などを含めて、ていねいな対応をしていく必要がある。