水泳授業で生徒暴行、教諭を処分:大阪市立中学校

 大阪市教育委員会は11月8日、授業中に生徒に暴力を加えたとして、市立中学校で保健体育科を担当する男性主務教諭(35)を減給10分の1(3ヶ月)の懲戒処分にしていたことを公表した。

 処分は2019年10月31日付。

事件の経過

 事件は2019年7月、保健体育科の水泳の授業中に起きた。

 授業中に、生徒が教諭に対してバケツで水をかける事件が起きた。そのことに立腹した教諭は、この生徒に対して「なめてるのか、しばくぞ」などと暴言を吐いた。教諭は、生徒に対して「罰」として50メートル泳ぐよう指示した上、さらに2回平手打ちした。

 発端となった「バケツで水をかける」という事件はなぜ起きたのか。

 これには、ほかの女性教員の存在があったという。

 当該男性教諭は当時、「生徒を自由に泳がせる」という名目で、プールサイドに寝転がって休んでいた。その際に安全監視を怠っていた。

 この授業では別の女性教員2人もプールに立ち合っていた。この際に女性教員が生徒に対して、男性教諭に水をかけるようそそのかした。

 女性教員は、生徒をそそのかした理由について「悪ふざけだった」と話したとされる。大阪市教委は女性教員への処分も検討していると報じられている。

いくつもの問題が複合

 この問題では、いくつもの問題が複合している。

 「教員に水をかけろ」と生徒にそそのかすような女性教員の行為もおかしい。

 またプールでの安全監視を怠って休んでいるような形になった男性教諭の対応も、授業指導としてはそれでよいといえるのか。

 そして、「罰」として泳がせたり平手打ちを加えるなども、論外である。

 どの論点をとっても、おかしなことばかりという状況になっている。生徒への暴力行為も許されることではないが、教員間でもおかしなハラスメント行為が横行している可能性があるともうかがわれる。

 また男性教諭が立腹して生徒に暴行を加えている様子を、女性教員は目撃していながら、しかも自分がきっかけを作っておきながら放置した可能性もあることになり、その意味でも問題ではないか。