学テ評価に関わる意思決定過程を「私用メール」でやりとり:大阪市

 大阪市で学力テストの成績を教職員評価に連動させるとした問題。

 吉村洋文大阪市長(当時。現・大阪府知事)は2018年8月、全国学力テストの学校別成績を教職員評価に連動させる方針を発表した。

「全国学力テストの結果を人事評価に反映する仕組み作りたい」大阪市長が見解
 吉村洋文大阪市長は8月2日の記者会見で、学力テストの結果を学校の人事評価に反映させる仕組みを作りたいという意向を表明した。  7月31日に全国学力テストの結果が公表されたことを受けたもの。大阪市では、政令市別の順位は2年連続で20都...

 その後の総合教育会議で、大森不二雄・大阪市特別顧問の意見を入れる形で修正を図った経過がある。

「学力テストを教職員評価に活用」提案:大阪市総合教育会議
 大阪市の総合教育会議が9月14日に開催された。吉村洋文大阪市長は席上、2019年度には試験的に、大阪府・大阪市の学力テストを教職員評価に活用することを提案し、大阪市教委事務局に対して具体的な制度設計を求めた。 これまでの経過...
学テ成績を校長人事評価に反映する方針案:大阪市総合教育会議
 大阪市教育委員会は1月29日の総合教育会議で、学力テストの成績を小中学校校長の人事評価に反映する方針案を出した。  2019年度に試行を実施し、2020年度以降本格導入したいとしている。  対象となるテストは、小学校3~6年生...

 この仕組み作りに関連して、吉村市長は大森特別顧問と私用メールで意見交換をおこなっていたことが指摘されている。私用メールでのやりとりが公文書として保管されず、非開示となっていることが問題になっている。

大阪市「学テ成績で教職員評価」:市長と特別顧問が綿密に打ち合わせし教育介入か
 大阪市では、全国学力テストの成績によって校長や教職員評価をおこなう方針が、2018年に打ち出された。  その際、吉村洋文大阪市長(当時)と大森不二雄大阪市特別顧問が、その方針を主導したことが指摘されている。この件に関...

 この問題は2019年10月下旬以降、各マスコミで断続的に報じられている。

「私用メール」問題

 教職員評価に関するやりとりの資料について、市民団体が大阪市教育委員会に情報公開請求をおこなった。

 2019年5月、関係資料の一部が開示された。大森特別顧問から市教委事務局に送られたメールの中に「市長の意見を踏まえた修正案」「重要ですのでお目通しください」などとして、吉村氏の私用メールアドレスから大森氏へ送付したメールの内容を、大森氏が市教委事務局宛に転送したことをうかがわせる内容があった。

大阪市学テ結果の教員評価反映問題で、明らかになった吉村市長・大森特別顧問による市教委への露骨な介入 - 子どもをテストで追いつめるな!市民の会のブログ
大阪市学テ結果で校長・教員評価を行う新人事評価制度の試行案作成過程の問題点メール...

 吉村氏と大森氏は、私用メールアドレスで「原案」「修正案」などの政策立案に関わる協議をおこなっていたことが、強くうかがわれることになる。

 しかし吉村氏から大森氏へのメールの原文は「公文書ではない。不存在」として開示されなかった。

政策的な意思決定プロセスは?

 テストの学校平均点を教職員の評価に使用するという発想自体、教育の観点からは問題外レベルの愚策ではある。

 打ち出した政策そのものも問題ではあるが、それ以前の段階の話として、政策立案・意思決定の過程としても極めて不透明である。

 重大な意思決定過程に関わる経過の論議を公的な場ではおこなわず、私用メール、すなわち私信の形でおこなっている。

 この件は私用での連絡ではない。大阪市の教育政策に関わるものである。それを私信の形でこっそりとまとめ、さらには2人の私的なやりとりの中でまとまった方向性を、公的な意思決定として押しつけているような形にもなっている。

 「行政の私物化」と厳しく批判されてもおかしくないものではないか。