神戸市教員暴力、前校長がテレビ局の取材に応じる

 神戸市立東須磨小学校の教員への暴力・いじめ問題で、前校長がテレビ局の取材に応じた内容が放送されている。

 2018年度に校長を務め、2019年度には神戸市立高津橋小学校校長として転任した前校長は、テレビ局の取材で「自分の前ではそんなやりとりはなかった」「いじめられているとは思わなかった。仲良くやっていると思っていた」などと話し、「いじめには気づかなかった」「被害者教諭から直接の相談はなかった」とした。

 一方でこの内容は、被害者側の被害訴えとは真っ向から食い違うことになる。被害者側は、前校長に相談しても「いじめられていないよな」「(加害者教諭には若手の指導担当として)お世話になっているんだろう」などと迫られたとも訴えている。

 詳細をていねいに検証すべきである。